2016年01月31日

千葉県の内房地区で20代の女性を狙った強制わいせつ事件でフィリピン国籍の男を再逮捕

少し前のフィリピン人の男の記事。

昨年の2015年10月26日の午後10時40分頃、千葉県の内房地区の路上で女性会社員(20)の背後から腕や髪の毛を引っ張り、脇道に連れて行ってわいせつな行為をしようとしたフィリピン国籍の土木作業員の男(20)。

昨年の2015年12月、別の20代女性に対する強制わいせつ容疑でフィリピン国籍の土木作業員の男(20)を逮捕していた。


同様の手口による被害が相次いだことから、昨年の2015年9月から犯行現場周辺の駅の防犯カメラなどを捜査し、フィリピン国籍の土木作業員の男(20)を特定。

昨年の2015年4〜11月ごろにかけて、内房地区では夜間に1人で歩く10、20代の女性を狙った同様の手口による強制わいせつなどの被害が約10件確認されており、関連を調べている。


2016年1月20日、フィリピン国籍の土木作業員の男(20)を再逮捕。


再逮捕されたのは
フィリピン国籍の土木作業員、千葉県木更津市江川、ユヘニョ・ベンジャミン・イラウラ被告(20)。


駅の防犯カメラがあったから犯人を特定できたんだね。

そして、フィリピン国籍の土木作業員の男が20歳だから名前が出た。


強制わいせつ未遂容疑でフィリピン人再逮捕 千葉


 県警捜査1課などは20日、強制わいせつ未遂容疑でフィリピン国籍の土木作業員、ユヘニョ・ベンジャミン・イラウラ被告(20)=木更津市江川、強制わいせつ容疑で逮捕、同罪で起訴=を再逮捕した。内房地区では昨年4〜11月ごろにかけて、夜間に1人で歩く10、20代の女性を狙った同様の手口による強制わいせつなどの被害が約10件確認されており、同課が関連を調べている。

 再逮捕容疑は、昨年10月26日午後10時40分ごろ、内房地区の路上で女性会社員(20)の背後から腕や髪の毛を引っ張り、脇道に連れて行ってわいせつな行為をしようとしたとしている。

 同様の手口による被害が相次いだことから、同課などは同9月から犯行現場周辺の駅の防犯カメラなどを捜査し、ユヘニョ容疑者を特定。別の20代女性に対する強制わいせつ容疑で12月に逮捕していた。

産経新聞 2016.1.21 07:02 千葉
http://www.sankei.com/region/news/160121/rgn1601210019-n1.html
ラベル:フィリピン
posted by ビオラ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 在留資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする