2016年04月28日

大阪市生野区で空き部屋に有料で宿泊させる「民泊」を無許可で営業した韓国人と中国人ら3人

昨年の2015年1月〜今年の2016年2月頃、大阪市生野区新今里のビルや住宅の空き部屋に、無許可で韓国人観光客らを宿泊させて、有料で宿泊させる「民泊」を営んだ大阪市生野区の男女3人。

大阪市生野区の男女3人はインターネットの予約サイトや宿泊施設仲介サイトなどを通じて客を集め、1人あたり1泊2000円から3000円で宿泊させていた。

大阪市生野区の男女3人が少なくとも計約750組の観光客らを相手に、約1200万円を売り上げていたとみている。


旅館業法違反(無許可営業)容疑で大阪市生野区の男女3人を書類送検。


書類送検されたのは
韓国籍の飲食店経営、大阪市生野区に住む女(71)。

中国籍のレンタルビデオ店経営、大阪市生野区に住む男(37)。

中国籍のレンタルビデオ店経営の男の韓国籍の妻(55)。

韓国籍の女2人と中国籍の男の男女3人。


韓国人と中国人ら男女3人は「金儲けがしたかった」などと話し、容疑を認める。


時事通信と産経は男女3人がどこの国の人か書いてなかった。

無許可民泊 3人を書類送検

 大阪・生野区で、空き部屋をホテルとして利用するいわゆる「民泊」を無許可で行い、海外からの観光客を宿泊させたとして、韓国人の女ら3人が、旅館業法違反の疑いで書類送検されました。

 書類送検されたのは、いずれも大阪・生野区に住む、▽飲食店経営の韓国人の女(71)と▽レンタルビデオ店経営の中国人の男(37)らあわせて3人です。

 警察によりますと、3人は、去年からことしにかけて、大阪・生野区新今里のビルや住宅の空き部屋を無許可で「民泊」に利用し、中国や韓国からの観光客を宿泊させた旅館業法違反の疑いがもたれています。

 インターネットの予約サイトなどを通じて客を集め、1人あたり1泊2000円から3000円で宿泊させていたということです。

 警察によりますと、いずれも容疑を認め、「金儲けがしたかった」などと話しているということです。

 大阪府では、国家戦略特区の指定を受けた「民泊」が始まっていますが、宿泊客を受け入れるためには、消防用設備の整備などが必要です。

 警察は、無許可で行っているケースが多いとみて、取締りを強化することにしています。

NHK関西 NEWS WEB 04月26日 19時41分
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20160426/4868711.html


民泊を無許可で営業、容疑の女ら3人を書類送検 大阪

 外国人観光客向けにマンションなどで無許可の「民泊」を営んだとして、大阪府警は26日、いずれも大阪市生野区の韓国籍の飲食業の女(71)、中国籍のレンタルビデオ店経営の夫(37)韓国籍の妻(55)を、旅館業法違反(無許可営業)の疑いで書類送検し、発表した。「金もうけのためにやった」と全員、容疑を認めているという。

 外事課によると、女は昨年1月〜今年2月に自ら借りた生野区のマンションなど3カ所で、夫婦は昨年6月〜今年2月に一戸建ての自宅など2カ所で、大阪市から旅館業の許可を受けずに韓国人観光客らを有料で宿泊させた疑いがある。

 いずれも主にインターネットの民泊サイトで予約を受け付け、1人2千〜3千円で宿泊させたという。府警は、女は約450組から約840万円、夫婦は約300組から約450万円を売り上げたとみている。

朝日新聞 2016年4月26日16時50分
http://www.asahi.com/articles/ASJ4V4V2PJ4VPTIL00Y.html


無許可民泊、1200万円売り上げか=容疑で3人書類送検−大阪府警

 宿泊施設の許可を受けずに、住宅の空き部屋を旅行者などに貸し出す「民泊」を営み、韓国人観光客らを宿泊させたとして、大阪府警は26日、旅館業法違反(無許可営業)容疑で、自営業の女(71)=大阪市生野区=と、37歳と55歳の夫婦=同=を書類送検した。いずれも容疑を認めているという。

 府警によると、3人はインターネットの宿泊施設仲介サイトなどで客を勧誘していた。府警は、3人が少なくとも計約750組の観光客らを相手に、約1200万円を売り上げていたとみている。

時事通信 (2016/04/26-19:15)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042600834&g=soc


民泊、無許可営業…700組から1200万円か

 宿泊施設(民泊)の許可を受けずに大阪市内のマンションなどに韓国人観光客らを泊まらせたとして、大阪府警は26日、いずれも同市生野区内の女(70歳代)と、夫婦(30〜50歳代)を旅館業法違反(無許可営業)の疑いでそれぞれ大阪地検に書類送検した。

 府警は、観光客計約700組から計約1200万円の売り上げがあったとみている。

 捜査関係者によると、女は昨年1月〜今年2月、夫婦は昨年6月〜今年2月、大阪市から旅館業の営業許可を受けないまま、生野区内のマンションなどで韓国人観光客らを1泊約2000〜約3000円で宿泊させた疑い。

 3人は、大手民泊仲介サイトなどを使い、訪日韓国人や中国人を勧誘。所有する建物や賃貸マンションの一室を提供して利益を得ていた。「金もうけがしたかった」などと容疑を認めているという。府警は地検に対し、起訴を求める厳重処分の意見を付けた。

読売新聞 2016年04月26日 16時48分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160426-OYT1T50053.html


無許可で「民泊」の疑い 自営業の男女3人書類送検 大阪府警

 外国人観光客らを有料で宿泊させる「民泊」を無許可で繰り返したとして、大阪府警が旅館業法違反の疑いで自営業の男女3人を書類送検したことが26日、府警への取材で分かった。

 送検容疑は昨年1月〜今年2月ごろ、大阪市長の許可を得ないで宿泊客から料金を取って泊まらせた疑い。

 府警によると、宿泊していたのは外国人観光客ら数百人に上る。

産経新聞west 2016.4.26 14:23更新
http://www.sankei.com/west/news/160426/wst1604260053-n1.html
タグ:韓国 国籍 中国
posted by ビオラ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする