2016年05月31日

東京都中央区の路上で1ドル札をばらまき、車の後部座席から現金370万円が入った鞄を奪ったチリ人の男2人

1ドル紙幣を路上にばらまき注意を引きつけ、現金が入ったカバンを盗んだチリ人の男2人。

男性に声をかけた「マルセロ」と呼ばれる仲間の中南米系50〜60代の男1人が逃亡。

画像を公開し、情報提供を呼びかけている。

中南米では窃盗の際、現金をばらまいて注意をひきつける「ばらまき盗」は一般的な手口。


2016年5月26日の午後2時50分ごろ、東京都中央区京橋2の駐車場で、近くの銀行から出てきた会社役員の男性(70)の車の運転席をたたいて1ドル紙幣を示し、「ユー、ユー?」と車外に誘い出す。

事前に路上にまいたドル紙幣十数枚を指さし、男性(70)が拾っている間に車の後部座席から現金約370万円が入ったカバンを盗む。

事件直前に、男性(70)は銀行で現金を下ろしており、待ち伏せされたとみている。


2016年5月24日にも、東京都千代田区で、銀行から出てきた50代の女性が外国人の男3人組に声を掛けられ、現金約220万円が入ったカバンを持ち去られた事件があり、関連を調べる。

防犯カメラの映像などから、チリ人の男3人が容疑者として浮上。

2016年5月27日、成田空港から出国しようとしたところでチリ人の男2人の身柄を確保。


逮捕されたのは
チリ国籍の職業不詳、住所不詳、ゴンザレス・セスペデス・ビクトル・マヌエル容疑者(59)。

チリ国籍の職業不詳、住所不詳、ジャード・カルハバル・ラファエル・ロランド容疑者(65)。

チリ国籍の男2人。


チリ国籍の男2人は「チリではよくある手口だ」と容疑を認める。


59歳と65歳のチリ人が「ばらまき盗」の窃盗をするために来日しているのか。

逃亡している「マルセロ」と呼ばれる仲間の男も50〜60代。

成田空港から出国する前にチリ人の男2人は逮捕されたけど、もう1人はどこに逃亡してるのだろう。

ドル札ばらまいて注意ひきつけ 現金370万円盗んだ自称チリ国籍の男2人逮捕

 ドル紙幣を路上にばらまき、注意を引きつけて現金約370万円が入ったカバンを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗容疑で、自称チリ国籍の住所職業不詳、ゴンザレス・セスペデス・ビクトル・マヌエル容疑者(59)と、メジャード・カルハバル・ラファエル・ロランド容疑者(65)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は26日午後2時50分ごろ、東京都中央区京橋の駐車場で、近くの銀行から出てきた会社役員の男性(70)の車の運転席をたたいて1ドル紙幣を示し、「ユー、ユー?」と車外に誘い出し、事前に路上にまいたドル紙幣十数枚を指さし、男性が拾っている間に車の後部座席から現金約370万円が入ったカバンを盗んだとしている。

 同課によると、中南米では窃盗の際、現金をばらまいて注意をひきつけるのは一般的な手口だという。防犯カメラの映像などから、ビクトル容疑者ら3人が容疑者として浮上。同課は映像を公開し、残る1人の男の行方を追っている。

 千代田区でも24日、銀行から出てきた50代の女性が外国人の男に声を掛けられ、現金約220万円が入ったカバンを持ち去られた事件があり同課は関連を調べている。

 情報提供は警視庁中央署。

産経新聞 2016.5.30 18:59
http://www.sankei.com/affairs/news/160530/afr1605300027-n1.html


自称チリ人ら窃盗容疑で逮捕 紙幣ばらまき注意引く

 ドル紙幣を路上にばらまいて注意を引きつけている間に、現金約370万円が入ったバッグを盗んだとして、警視庁捜査3課は30日までに、自称チリ国籍、住所・職業不詳、ゴンザレス・セスペデス・ビクトル・マヌエル容疑者(59)ら2人を窃盗容疑で逮捕した。2人は「チリではポピュラーな手口だ」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は26日午後2時50分ごろ、東京都中央区京橋2の駐車場で、会社役員の男性(70)の車の後部座席から約374万円の入ったバッグを盗んだ疑い。

 捜査3課によると、同容疑者らは男性の車の運転席の窓をノックし、英語で「ユー、ユー」と声をかけ、路上にまいた十数枚のドル紙幣を指さした。男性が車から降りて紙幣を一緒に拾う間にバッグを盗んだという。

 男性は事件直前に銀行で現金を下ろしており、同課は待ち伏せされたとみている。同課は他に50〜60代の中南米系の男が関与しているとみて、行方を追っている。

 千代田区でも24日に女性が同様の手口で約220万円を盗まれており同課は関連を調べる。

日本経済新聞 2016/5/31 0:26
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30HBA_Q6A530C1CC1000/


「ばらまき盗」か チリ人逮捕

 東京・中央区で、ドル紙幣をばらまいて注意をそらした隙に、現金370万円の入ったカバンを盗んだとしてチリ人2人が逮捕され、警視庁は中南米などで相次ぐ「ばらまき盗」と呼ばれる手口とみて調べています。

 逮捕されたのは、いずれもチリ国籍のゴンザレスセスペデス・ビクトルマヌエル容疑者(59)ら男2人で、警視庁の調べによりますと、5月26日、東京・中央区京橋の路上でドル紙幣をばらまいた上で会社役員に声をかけ、注意をそらした隙に現金370万円の入ったカバンを盗んだとして、窃盗の疑いが持たれています。

 警視庁は周辺の防犯カメラから2人を特定し、27日、成田空港から出国しようとしたところを見つけたということです。

 警視庁によりますと、調べに対し2人はいずれも容疑を認めているということです。

 警視庁によりますと、こうした手口は中南米などで相次ぐ「ばらまき盗」と呼ばれるもので、警視庁は現場付近にいた男が事件に関わったとみて、防犯カメラの画像を公開し、行方を捜査しています。

 現場近くでは、5月24日にも3人組に声をかけられた女性が現金200万円が盗まれる事件があり警視庁が関連を捜査しています。

NHk首都圏 NEWS WEB 05月30日 17時37分
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160530/5728261.html


ドル札で注意引き かばんを盗んだ疑い、チリ国籍の男ら逮捕

 1ドル札をばらまいて注意を引き現金およそ370万円を盗んだとして、自称チリ国籍の男2人が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは自称・チリ国籍のゴンザレス・セスペデス・ビクトル・マヌエル容疑者(59)ら2人で、今月26日、東京・中央区の路上で会社役員の男性が乗っていた車から現金およそ370万円が入ったかばんを盗んだ疑いが持たれています。

 2人は1ドル札十数枚を路上にばらまいたうえ、男性に「ユー、ユー」と声をかけて誘い出し、男性と一緒に拾っている間にかばんを盗んだということです。取り調べに対し、2人は「自分の国ではよくある手口だ」と容疑を認めているということです。

 男性に声をかけた「マルセロ」と呼ばれる仲間の男が逃走していて、警視庁は画像を公開し情報提供を呼びかけています。

TBS (30日18:06)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2785656.html


「1ドル札が落ちている」370万円入りバッグ“盗む”

 「1ドル札が落ちている」と注意をそらした隙に370万円を盗んだ事件で急展開です。

 リュックを背負い、帽子をかぶった男。26日、東京・中央区の路上で、銀行から金を下ろして車に乗った男性に1ドル紙幣を見せて「ユーユー」と声を掛けて気をそらし、車内から約370万円が入ったバッグを盗んだ疑いが持たれています。

 男らは3人組で、そのうち自称チリ人の男2人は、事件翌日に成田空港から出国しようとしていたところで身柄を確保されています。

 警視庁は逃げた男の行方を追っています。


テレビ朝日 (2016/05/30 18:48)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075906.html
タグ:国籍 チリ
posted by ビオラ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする