2016年06月30日

韓国から下着に隠した金延べ棒30キロを関西空港に密輸し、消費税を免れようとした韓国人の女4人

今年の2016年4月11日、韓国の仁川(インチョン)空港からアシアナ航空機で、下着に隠した金の延べ板30枚(1枚1キロで30キロ)を身に付け、税関に申告せず関西空港に密輸した韓国人の女4人。

2016年に入り、関西空港での金の密輸の摘発件数は53件約250キロで、前年の2割増のペース。


韓国人の女4人のうち1人が監視役で、韓国人の女3人が運び役。

コルセットやガードル、キャミソールなど下着の内側に手作りでポケットを作り、韓国人の3人が金の延べ板30キロを隠し、1人10キロを30枚、計約1億3600万円相当を密輸。

韓国人の監視役の女1人は、昨年の2015年夏以降に「30回ほど金を運び報酬をもらっていた」と供述。

韓国人の監視役の女1人は1回で報酬約15万円を受け取り、運び役の韓国人の女3人の報酬は3万〜4万円。


関税法と消費税法では、購入額20万円超の金を海外から持ち込む場合は税関に申告して、税関に8%の消費税を納める必要がある。

税関に申告せずに、日本国内の貴金属店など日本国内で転売すれば、消費税分を上乗せした代金が受け取れるため、消費税分の不正な利益を得ることになる。

金の転売を目的とした、韓国人の密輸組織があるとみて捜査。


逮捕されたのは
韓国籍の衣類販売業、イ・プルン容疑者(27)。

韓国籍のチャン・キョンファ容疑者(42)。

韓国籍の20〜40代の女4人。


韓国籍のイ・プルン容疑者(27)は「韓国の女から指示を受けて運んだ。仁川空港の搭乗口近くで男から受け取り、身体障害者用トイレで3人の下着に隠した」と説明。

「韓国の空港の出国エリアで、見知らぬ男から金を受け取った。」「去年の夏以降、韓国人のグループから電話やメールで指示を受けて30回ほど金を運び報酬をもらっていた」と供述。


韓国人の女が運んだ金の延べ板には三菱の刻印。


今年の2016年6月、中国と北朝鮮の国境で、中国の治安当局が北朝鮮工作員から金の延べ板と現金約3000万元(約4億9000万円)を押収。

中国、北工作員を拘束…現金や金の延べ棒押収
(読売新聞 2016年06月12日)


今年は関西空港で、金の密輸の摘発が2割ペースで増加。

韓国人の女が日本に持ち込んだ金延べ板は誰が買い取ってるんだろう。

下着に金塊、密輸図る=韓国の女4人、容疑で逮捕−関空

 金塊を下着に隠し密輸しようとしたとして、大阪税関関西空港支署と大阪府警国際捜査課などは29日までに、関税法違反容疑で、イ・プルン容疑者(27)ら韓国籍の女4人を逮捕した。

 逮捕容疑は4月11日、韓国・仁川空港発のアシアナ航空機で関西空港に入国する際、金塊約30キロ(約1億3600万円相当)を下着に隠し、密輸しようとした疑い。

 税関によると、イ容疑者が他の3人に金の運搬を指示。3人は金の延べ板が入るように細工された下着を着用し、1人10キロずつ持ち込もうとしたという

時事通信 (2016/06/29-19:36)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062900833&g=soc


下着から金の延べ板30枚 密輸容疑で韓国籍の4人逮捕

 金の延べ板30枚(1枚1キロ、計約1億3650万円相当)を関西空港に密輸入しようとしたとして、大阪府警が韓国籍の20〜40代の女4人を関税法違反(無許可輸入)容疑で逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。うち3人がコルセットやガードルの内側に10枚ずつ隠し1人は「昨夏から30回ほど持ち込んだ」と供述しているという。大阪税関は29日、同容疑で4人を大阪地検に告発したと発表した。

 府警国際捜査課と大阪税関関西空港税関支署などによると、衣類販売業イ・プルン容疑者(27)ら今年4月11日、内側にポケットをつけるなど細工した補正下着に延べ板を隠し、韓国・仁川空港から身につけたまま関空に密輸入しようとした疑いがある。女1人が終始うつむいていたのを不審に思った税関職員が検査し、発覚した

 イ容疑者は「韓国の女から指示を受けて運んだ。仁川空港の搭乗口近くで男から受け取り、身体障害者用トイレで3人の下着に隠した」と説明。自身は監視役で、1回で報酬約15万円を受け取り、ほか3人は3万〜4万円だったという。

 同支署によると、関税法と消費税法では、購入額20万円超の金は、税関に申告して8%の消費税を納める必要がある。申告せずに日本国内の貴金属店などで売れば消費税分を上乗せした代金が受け取れるため、府警は4人が消費税と地方消費税計約1080万円を免れて差額分を得ようとした可能性があるとみて調べている。今年に入り、関空での金の密輸の摘発件数は53件約250キロで、前年の2割増のペースという。

朝日新聞 2016年6月29日19時02分
http://www.asahi.com/articles/ASJ6Y5W9MJ6YPTIL010.html


関空で金の延べ板密輸入 逮捕

 金の密輸事件の摘発が増加する中、関西空港で、およそ1億3000万円相当の金の延べ板30キロを下着に隠して密輸しようとしたとして、韓国人の女4人が関税法違反の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは、韓国人の自営業、イ・プルン容疑者(27)ら韓国人の女あわせて4人です。

 税関や警察によりますと、イ容疑者らは、ことし4月、韓国のインチョン空港から関西空港に到着した際に、およそ1億3600万円相当の金の延べ板30キロを密輸しようとしたとして、関税法違反の疑いがもたれています。

 イ容疑者の指示を受けたほかの3人が、それぞれ10キロの金の延べ板を下着の中に隠し持っていたということで、不審に思った税関の職員が検査をして見つかったということです

 調べに対し、4人は、いずれも容疑を認めていて、イ容疑者は、「韓国の空港の出国エリアで、見知らぬ男から金を受け取った。去年の夏以降、韓国人のグループから電話やメールで指示を受けて30回ほど金を運び報酬をもらっていた」と供述しているということです。

 財務省によりますと、20万円を超える金を海外から国内に持ち込む場合は、税関に消費税を納める必要がありますが、それを逃れて密輸した上で、国内で転売すると消費税を含めた金額で買い取ってもらえるので消費税分の不正な利益を得ることになります。

 税関と警察は、金の転売を目的とした、密輸組織があるとみて捜査しています。

NHK関西 NEWS WEB 06月29日 17時25分
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20160629/3555801.html


【関空】金塊1億3650万円相当 密輸を摘発

 1億3000万円以上に相当する金塊30キロを細工した下着などに隠して韓国から密輸入しようとしたとして、韓国籍の女4人が逮捕されました。

 韓国籍のイ・プルン容疑者(27)チャン・キョンファ容疑者(42)ら、4人4月、金塊30キロ、およそ1億3600万円相当を韓国から関西空港に密輸入しようとした疑いが持たれています。

 イ容疑者は監視役で、チャン容疑者ら運搬役の3人が、ポケットを縫い付けた下着などに金塊を10キロずつ隠していましたが、関西空港の検査で税関に摘発されました。

 金を輸入する際にかかる消費税を免れることで、およそ1080万円の利益を得ようとしたとみられ、イ容疑者は、「これまでに30回、金塊を日本に持ち込んだ」と話しているということです。

ABC(朝日放送) NEWS 6/29 19:17
http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_005_20160629011.html


金の延べ板を下着に隠し密輸しようとした疑い 韓国人の女ら逮捕

 大量の金の延べ板が、細工された下着の中に隠されていた。
 大阪税関に写真を撮影された女。

 服が、おなかの部分で垂れ下がり、角ばった形が浮き出ている。
 中から見つかったのは、金の延べ板だった。

 逮捕された自営業の韓国籍、イ・プルン容疑者(27)ら4人は、2016年4月、韓国から金の延べ板30枚、1億3,650万円相当を密輸しようとした疑いが持たれている。

 イ容疑者の指示受けた3人の下着やキャミソールには、手作りでポケットが作られ、その中から延べ板が見つかった。

FNNニュース  (関西テレビ)  06/29 18:23
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00329056.html

タグ:韓国 国籍
posted by ビオラ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする