2017年02月13日

自分名義の銀行のキャッシュカードを他人に譲り渡したベトナム人の男

自分名義の銀行のキャッシュカードを他人に譲渡したベトナム人の男(23)。


2015年10月〜2016年2月、自分名義の銀行のキャッシュカードを何者かに譲り渡したベトナム人の男(23)。

2016年2月、インターネットバンキングへの不正アクセスにより、大分県別府市の会社の口座から個人名義の3口座に計590万円が勝手に送金される事件が発生。

このうち50万円の送金先がベトナム人の男(23)名義の口座だった。

ベトナム人の男(23)名義の口座から現金を引き出したのは別人だったことから、口座の譲渡先などを調べる。


逮捕されたのは
ベトナム国籍の無職、大阪府大阪市東淀川区の男(23)。


ベトナム国籍の男(23)は容疑を認める。


報道が少なくなったけど、不正アクセスによるインターネットの不正送金事件は今もあるよう。

これまでは個人名義の銀行口座が不正アクセスに狙われていたそうだけど、法人名義の口座が狙われることが増えたそう。

法人口座の方が預金額が多いからだという。

過去に中国人がやっていたような犯罪をベトナム人がやっている。

若い無職のベトナム人はどういう在留資格なのだろう。

銀行カード譲渡疑い、ベトナムの男逮捕 兵庫県警

 兵庫県警サイバー犯罪対策課と尼崎北署は8日、犯罪収益移転防止法違反の疑いで、大阪市東淀川区、ベトナム国籍の無職の男(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は2015年10月〜16年2月、自分名義の銀行キャッシュカードを何者かに譲り渡した疑い。容疑を認めているという。

 県警によると、16年2月、インターネットバンキングへの不正アクセスにより、大分県別府市の会社口座から個人名義の3口座に計590万円が勝手に送金される事件が発生。うち50万円の送金先が男名義の口座だった

 県警は口座から現金を引き出したのは別人だったことから、口座の譲渡先などを調べる。

神戸新聞 2017/2/8 20:05
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201702/0009899431.shtml
posted by ビオラ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫県や神奈川県などの民家から、現金や貴金属など約1億円を盗んだ中国人の窃盗グループ

兵庫県や神奈川県などで、ガスバーナーとハンマーを使って窓ガラスを割って住宅に侵入し、現金や貴金属などの窃盗を繰り返していた大阪市の外国人(中国籍やカナダ国籍を含む)窃盗グループの男4人。

逮捕した窃盗グループの外国人の男4人のうち3人(中国籍やカナダ国籍など)を起訴。

関西や関東で約140件、計約1億円の被害を裏付け。


2016年3月〜5月、兵庫県や神奈川県などでガスバーナーとハンマーを使って窓ガラスを割って民家に侵入し、現金や貴金属などの窃盗を繰り返した大阪市の外国人(中国籍やカナダ国籍を含む)窃盗グループの男4人。

兵庫県内では神戸市、西宮市、宝塚市などで被害。

関西や関東で約140件、計約1億円の被害を裏付け。


2016年2月7日、大阪市内の外国人(中国籍やカナダ国籍など)の男4人を逮捕し、うち3人を起訴していたことが判明。

2017年2月8日、計約1億円の被害を裏付け、捜査を終了。

逮捕・起訴された中国籍とカナダ国籍の男3人はいずれも中国に住んでいたが、就労目的で別々に来日。

中国籍とカナダ国籍の男3人は大阪で再会したという。

カナダ国籍の男(43)は公判で「中国で経営していた店がつぶれ、仕事のために日本に来た。(窃盗容疑について)仲間に頼まれて送迎しただけ」と証言。


逮捕・起訴されたのは
中国籍、大阪府大阪市西区、何徳明被告(31)。

カナダ国籍、大阪市中央区、リン・ウークン被告(43)。

中国籍、大阪市中央区、林ウージャオ被告(40)。


中国籍とカナダ国籍の男3人。


中国籍とカナダ国籍の男3人は「盗んだ金は生活費に充てていた」と供述。


カナダ国籍のリン・ウークン被告(43)は「中国で経営していた店がつぶれ、仕事のために日本に来た」都証言し、中国に住んでいたので、カナダ国籍を取得した中国人かな。

こんな中国人が就労目的で来日できるような在留資格は何だろう。


中国から来日した中国人窃盗グループが窃盗したのは兵庫県や神奈川県。

兵庫県と神奈川県の共通点は中華街。

兵庫県神戸市や神奈川県横浜市に何かあると思ってしまう。

兵庫などで計1億円の被害 外国人窃盗団を逮捕

 民家から現金や貴金属品を盗んだとして、兵庫県警捜査3課と西宮署などが、住居侵入と窃盗の疑いで、大阪市内の外国人の男4人を逮捕し、うち3人が起訴されていたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。同課などは関西や関東で約140件、計約1億円の被害を裏付け、8日にも捜査を終える。

 逮捕・起訴されたのは、大阪市西区、何徳明被告(31)=中国籍=と、大阪市中央区、リン・ウークン被告(43)=カナダ国籍=と、同、林ウージャオ被告(40)=中国籍

 捜査関係者によると、何被告らは2016年3〜5月、兵庫県や神奈川県などでガスバーナーとハンマーを使って窓ガラスを割って住宅に侵入、現金や貴金属などの窃盗を繰り返していた疑いがあるという。盗んだ金は生活費に充てていた、と供述しているという。

 3被告はいずれも中国に住んでいたが、就労目的で別々に来日。大阪で再会したという。リン被告は公判で「中国で経営していた店がつぶれ、仕事のために日本に来た。(窃盗容疑について)仲間に頼まれて送迎しただけ」と証言していた。

 兵庫県内では神戸、西宮、宝塚などで被害が出ていたという。


神戸新聞 2017/2/8 06:31
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201702/0009897064.shtml
ラベル:中国 カナダ 国籍
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする