2017年03月30日

京都府立医大病院が暴力団組長の虚偽の診断書を作成した事件で武田病院の医師と暴力団組員ら3人を逮捕

実刑判決が確定となった指定暴力団の組長が病気を理由に収監を免れ、京都府立医科大付属病院(京都市)などが暴力団組長の病状を検察庁に虚偽報告した事件。

組長は指定暴力団山口組直系団体「淡海一家」(滋賀県大津市)総長・高山義友希受刑者(60)。

指定暴力団山口組直系団体「淡海一家」(滋賀県大津市)総長の実父は、指定暴力団「会津小鉄会」(京都市)の故・高山登久太郎(とくたろう)。


2017年2月に、京都府立医科大付属病院(京都市)と協力関係にある「康生会武田病院」(京都市)を家宅捜索。

2017年3月27日、民間病院「康生会・武田病院」(京都市)の韓国籍の医師(61)と元医事部長(45)、暴力団組員の3人を逮捕。

暴力団関係者から商品券や現金を受け取っていたことも捜査関係者への取材で分かった。


韓国籍の医師(61)は「康生会・武田病院」(京都市)の特色の一つである「不整脈治療センター」のトップ。

過去には収賄事件で逮捕され、有罪判決を受けたこともあった。



逮捕されたのは
韓国籍の医師、「康生会・武田病院」不整脈治療センター所長、京都市左京区吉田河原町、全栄和(チョン・ヨンファ)容疑者(61)。

「武田病院」の元医事部長、武田病院グループの「木津屋橋武田病院」の職員、滋賀県大津市観音寺、大西義彦容疑者(45)。

指定暴力団会津小鉄会系組員、京都府宇治市六地蔵、山田英志容疑者(48)。

3人の認否を明らかにしていない。


2012年頃から、指定暴力団・山口組の直系組織「淡海(おうみ)一家」(滋賀県大津市)の総長が心臓疾患のため、父親の指定暴力団会津小鉄会(京都市)の故・高山登久太郎こと姜外秀が診察を受けていた武田病院(京都市)に通院。

2015年に、指定暴力団・山口組の直系組織「淡海(おうみ)一家」(岐阜県大津市)の総長高山義友希(よしゆき)が恐喝罪などで懲役8年の実刑判決が確定。

判決確定後の2015年7月、総長高山義友希(よしゆき)側から病気を理由に、刑の執行停止の申し立て。

大阪高検は病状について、京都府立医科大付属病院(京都市)と武田病院(京都市)に照会。


2016年1月27日〜2月5日頃、刑務所への収容を免れさせるため「今後、不整脈が頻発し、症状が重くなる」などとする虚偽の内容の診断書や報告書を作成。

2016年2月8日に、大阪高検に提出。回答書が出され、大阪高検が刑の執行を停止。

今年の2017年2月まで、「淡海(おうみ)一家」(岐阜県大津市)の総長高山義友希(よしゆき)は、収監されなかった。


先月の2017年2月、京都府立医科大付属病院(京都市)とともに武田病院(京都市)を家宅捜索。



指定暴力団山口組「淡海一家」(岐阜県大津市)総長の実父の高山登久太郎は、指定暴力団「会津小鉄会」(京都市)のトップ。

指定暴力団・山口組の直系組織「淡海一家」(岐阜県大津市)の総長の名前は別名というか、通名らしい。

実父が日本人じゃないなら、あたりまえか。

森友学園事件の陰に隠れて色々と動いてるのかな。

「心臓の武田」の腕利き医師逮捕…府立医大病院の関係性は 暴力団幹部の虚偽診断書作成事件

 家宅捜索から1カ月あまりを経て、医療機関の“闇”を映し出す事件がついに動き出した。病気を理由に収監を免れた暴力団幹部の病状について、京都府立医大病院(京都市)などが検察に虚偽の報告をしたとされる事件。京都府警が27日に逮捕したのは、府立医大病院と関係が深く、「心臓の武田」ともいわれる民間大手「康生会武田病院」(同市)の担当医らだった。

 虚偽診断書作成・同行使の疑いで逮捕されたのは、武田病院の医師、全栄和(チョン・ヨンファ)容疑者(61)=京都市左京区同病院の元医事部長、大西義彦容疑者(45)=大津市暴力団組員、山田英志容疑者(48)=京都府宇治市=の3人「業界では腕がいいことで有名な医師だ」。ある医者は、全容疑者をこう評する。

 病院関係者によると、全容疑者は武田病院の特色の一つである「不整脈治療センター」のトップ。全容疑者の治療を受けるために京都府外からも患者が受診に訪れていたという。

 だが、過去には収賄事件で逮捕され、有罪判決を受けたこともあった。

 ホームページによると、武田病院グループは京都府内で9病院のほか、検診施設、介護・福祉施設などを経営。不整脈治療センターは「心臓の武田」を代表する「京都では有数の施設」(医療関係者)だった。

産経新聞west 2017.3.28 00:33
http://www.sankei.com/west/news/170328/wst1703280009-n1.html


「心臓の武田」の腕利き医師逮捕…府立医大病院の関係性は 暴力団幹部の虚偽診断書作成事件

 「もともとは京都大学系の病院だったが、最近では府立医大出身の医師が増えていた」。武田病院を知る関係者によると、同病院を開業したグループ会長(86)が京大出身で、長らく京大系の医師派遣を受け入れていた。だが、現在の理事長(56)に代わってから、府立医大からの医師を積極的に受け入れるようになったという。

 指定暴力団山口組系淡海(おうみ)一家総長、高山義友希(よしゆき)受刑者(60)患者とし、府立医大側に紹介したのも武田病院グループの医療機関だった。高山受刑者の父親で指定暴力団会津小鉄会(京都市)の故・高山登久太郎(とくたろう)元会長が武田病院で診察を受けていたといい、その縁で高山受刑者も診察を受けたとみられる。

 全容疑者の逮捕容疑は、高山受刑者が収監されるのを免れさせるため、診断書に虚偽の事実を記載したという内容だ。武田病院を知る医師は、高山受刑者だけでなく、「患者として暴力団組員が出入りしているとの話は耳にしていた」と打ち明ける。

 府立医大と武田病院をめぐっては、武田側から府立医大幹部へ多額の不明朗な現金が渡っていた疑惑も浮上している。京都を代表する民間病院と大学病院が暴力団とどのような関係にあったのか。府警の捜査は本格化する。

産経新聞west 2017.3.28 00:33
http://www.sankei.com/west/news/170328/wst1703280009-n2.html


民間病院医師ら3人逮捕=組長虚偽診断事件−うその文書作成容疑・京都府警

 暴力団組長の病状をめぐり、京都府立医科大付属病院(京都市)などがうその文書を作り検察庁に提出したとされる事件で、府警捜査2課は27日、虚偽診断書作成・同行使容疑で、民間病院「康生会・武田病院」(同)の韓国籍の男性医師全栄和容疑者(61)=京都市左京区吉田河原町=ら3人を逮捕した。武田病院は、医師の派遣などで府立医大病院と協力関係にある医療機関。

 同課によると、組長は指定暴力団山口組淡海一家総長の高山義友希受刑者(60)事件当時、恐喝罪などで懲役8年の実刑判決が確定しており、同課は刑務所への収容を逃れさせるためだったとみて捜査するとともに、府立医大病院をめぐる疑惑についても調べを進める。

 他に逮捕されたのは、武田病院の元職員大西義彦(45)=大津市観音寺=、指定暴力団会津小鉄会系組員山田英志(48)=京都府宇治市六地蔵=両容疑者。同課は3人の認否を明らかにしていない

 逮捕容疑は2016年1月27日〜同年2月5日ごろ、高山受刑者について「不整脈はかなり重篤」「今後、不整脈が頻発し、症状が重くなることが予測できる」などとした虚偽の診断書を作成し、同月8日、大阪高検に提出した疑い。 

 同課によると、高山受刑者12年ごろから心臓疾患のため武田病院に通院していた。判決確定後の15年7月、同受刑者側から病気を理由に刑の執行停止の申し立てがあり、大阪高検は病状について府立医大病院と武田病院に照会。腎臓や心臓の病気で収容は難しいとの回答があったため、16年2月に執行停止が決定した。

 京都府警が先月、両病院など関係先を家宅捜索していた。

時事通信 (2017/03/28-01:27)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032701196&g=soc


京都府医大の協力病院、医師ら3人を逮捕 虚偽診断疑い

 暴力団組長を巡る虚偽診断書作成事件で、京都府警は27日、虚偽の回答書を作り、大阪高検に提出したとして、京都府立医大(京都市)と協力関係にある民間病院「康生会武田病院」(同市)の韓国籍の担当医、全栄和容疑者(61)=同市左京区=ら3人を、虚偽診断書作成・同行使容疑で逮捕した。

 全容疑者らが、暴力団関係者から商品券や現金を受け取っていたことも同日、捜査関係者への取材で分かった。


 逮捕容疑は共謀し暴力団山口組淡海一家の総長、高山義友希受刑者(60)についての大阪高検からの病状照会に、2016年1月27日ごろから2月5日ごろまでの間、「心室性不整脈はかなり重篤」「症状が重篤化することが容易に予測できる」などと虚偽の事実を記載し、提出した疑い。

 高山受刑者13年6月に京都地裁で恐喝罪などにより懲役8年の判決を受け、15年7月に判決が確定した。この回答書が出された16年2月に大阪高検が刑の執行を停止。今年2月まで収監されなかった。

 他に逮捕されたのは、病院職員の大西義彦容疑者(45)=大津市=と、暴力団会津小鉄会系組員の山田英志容疑者(48)=京都府宇治市

 府警によると、山田容疑者は高山受刑者と親交があり、虚偽診断書を病院側に依頼したとみて調べている。全容疑者は武田病院の不整脈治療センター所長、大西容疑者は当時、患者の窓口となる医事部長だった。

 府警は2月、府立医大病院とともに武田病院を家宅捜索。腎臓移植手術を受けた高山受刑者が「BKウイルス腎炎」などの影響で、収監に耐えられないとする回答書を作成した府立医大病院の吉村了勇院長(64)らについても、虚偽がなかったか捜査する。

 府立医大は武田病院に医師派遣などをしており、同病院が高山受刑者を府立医大に紹介していた。〔共同〕

日本経済新聞 2017/3/28 1:19
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27HC3_X20C17A3CC1000/


虚偽診断で逮捕の病院職員、組員らから接待

 暴力団山口組淡海一家の総長、高山義友希受刑者(60)を巡る虚偽診断書作成事件で、京都府警に逮捕された武田病院グループ職員の大西義彦容疑者(45)が、暴力団会津小鉄会系組員の山田英志容疑者(48)らから飲食による接待を受けていたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、大西容疑者暴力団との窓口役になっていたとみられ飲食接待があったのは高山受刑者が診察を受けるようになった2012年以降。担当医全栄和容疑者(61)共に受け取った現金約100万円や数十万円分の商品券と合わせ、府警は虚偽診断書作成の見返りだったとみて捜査している。

 高山受刑者の実父は会津小鉄会トップだったため、大西容疑者が山田容疑者から収監を免れる依頼を受けたとみられる。

 府警によると、全容疑者ら3人共謀し、16年1〜2月、大阪高検の病状照会に虚偽の内容を記載した回答書を提出した疑いが持たれている。

 高山受刑者に関し、武田病院と協力関係にある京都府立医大病院(京都市)の医師らも虚偽の診断をした疑いがあるとして、府警は2月に大学などを家宅捜索した。〔共同〕

日本経済新聞 2017/3/29 13:49
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14646710Z20C17A3CC0000/


組長の虚偽診断書作成容疑、協力病院医師ら逮捕

 京都府立医科大付属病院(京都市)などが暴力団組長の病状を検察庁に虚偽報告したとされる事件で、京都府警は27日、同病院と協力関係にある民間大手「康生会・武田病院」(同)の不整脈治療センター所長で韓国籍の医師・全栄和容疑者(61)ら3人を虚偽診断書作成・同行使容疑で逮捕した。

 他の逮捕者は、武田病院元職員で同病院グループの木津屋橋武田病院(同)職員・大西義彦(45)、指定暴力団会津小鉄会系暴力団組員・山田英志(48)両容疑者

 発表では、全容疑者ら昨年1〜2月、恐喝罪などで2015年に実刑判決が確定した指定暴力団山口組直系団体「淡海一家」(大津市)総長・高山義友希受刑者(60)刑務所への収容を免れさせるため「今後、不整脈が頻発し、症状が重くなる」などとする虚偽の内容の診断書や報告書を作成し、大阪高検に提出した疑い。

 府警は3人の認否を明らかにしていない。

読売新聞 2017年03月27日 23時52分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170327-OYT1T50186.html


虚偽の診断書作成か 医師ら3人逮捕

 京都市にある民間の総合病院の医師らが、実刑判決を受けた暴力団幹部の健康状態について虚偽の報告書を作成したとして、警察は、医師ら3人を虚偽診断書作成などの疑いで逮捕しました。暴力団側から依頼されたと見て、調べを進める方針です。

 逮捕されたのは、京都市にある民間の総合病院「武田病院」の医師、全栄和容疑者(61)病院の元職員の大西義彦容疑者(45)、それに、暴力団員の山田英志容疑者(48)の3人です。

 警察によりますと、全医師らは、恐喝事件で懲役8年の判決が確定した山口組系の暴力団、淡海一家の総長、高山義友希受刑者(60)の健康状態について、去年、「重い不整脈のため収監に耐えられない」と虚偽の報告書を作成し、検察に提出したとして、虚偽診断書作成などの疑いが持たれています。

 警察が心電図のデータなどを調べたところ、健康状態に問題がなかったということで、警察は先月、武田病院を捜索し、医師などから事情を聞いていました。

 警察は、刑務所への収監を逃れようとした暴力団側から依頼されたと見て、調べを進めています。

 高山総長については、京都府立医科大学附属病院の医師らも、虚偽の報告書を作成した疑いがあるとして、警察が病院などを捜索しています。

NHK 3月28日 0時16分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170327/k10010926941000.html
タグ:韓国 国籍
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 暴力団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする