2017年03月03日

新宿区のマンションに侵入して、現金や高級時計を盗んだ元アメリカ海軍厚木基地勤務の中国人の女

東京都新宿区内のマンションに1階の窓から侵入して、現金やロレックスの高級腕時計などを盗んだ元アメリカ海軍厚木基地勤務の中国人の無職女(26)。

元アメリカ海軍厚木基地勤務の中国人の無職の女(26)は盗んだ他人の保険証を質屋に見せて、日本人に成りすましてロレックスを売った。


昨年の2016年4月20日、東京都新宿区内のマンションの男性(61)宅に1階の窓から侵入し、現金やロレックスの高級腕時計など計約40万円相当を盗んだ元アメリカ海軍厚木基地勤務の中国人の無職の女(26)。

元アメリカ海軍厚木基地勤務の中国人の無職の女(26)は東京都内の質屋に行き、別の日に喫茶店から盗んだ他人の保険証を見せて、盗んだロレックスを日本人に成りすまして売った。


逮捕されたのは
中国籍の元アメリカ海軍厚木基地勤務で無職、住居不定、宋吟菲容疑者(26)。


中国籍の宋吟菲容疑者(26)は「生活が苦しくてやった」と容疑を認める。


中国人の女がアメリカ海軍厚木基地に勤務してたのか。

それに、中国人の女は盗んだ保険証で日本人に成りすまして身分証明。

アメリカ海軍厚木基地に勤務する中国人の女はどういう在留資格なのだろう。


ロレックスの腕時計盗み質屋へ 容疑で中国籍の女を逮捕 警視庁


 マンションに侵入し、高級腕時計の「ロレックス」を盗んだとして、警視庁上野署は住居侵入と窃盗の容疑で、中国籍で住居不定、無職の宋吟菲容疑者(26)を逮捕した。「生活が苦しくてやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年4月20日、東京都新宿区内のマンションの男性会社員(61)宅に窓から侵入し、現金やロレックスの高級腕時計など計約40万円相当を盗んだとしている。

 上野署によると、宋容疑者は盗んだ腕時計を都内の質屋に出しておりその際、他人の保険証を見せ、日本人になりすましていた。

産経新聞 2017.3.1 18:20
http://www.sankei.com/affairs/news/170301/afr1703010023-n1.html


元米海軍・中国人の女 ロレックス盗み逮捕

 東京・新宿区のマンションに侵入してロレックスの高級腕時計などを盗んだとして、元アメリカ海軍の中国人の女が逮捕された。

 窃盗などの疑いで逮捕されたのは、元アメリカ海軍厚木基地勤務の中国人・宋吟菲容疑者(26)。警視庁によると宋容疑者は、去年4月、新宿区のマンションで開いていた1階の窓から会社員の男性の部屋に侵入し、現金やロレックスの高級腕時計など40万円相当を盗んだ疑いが持たれている。

 宋容疑者はその後、質店に行き別の日に喫茶店から盗んだ他人の保険証を見せ、日本人になりすましてロレックスを売ったという。

 調べに対し、宋容疑者は「生活が苦しかった」と容疑を認めていて、警視庁はこれまでも窃盗を繰り返していたとみて調べている。

日テレNEWS 2017年3月1日 15:45
http://www.news24.jp/articles/2017/03/01/07355383.html
タグ:中国 国籍
posted by ビオラ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マレーシアから偽造クレジットカード42枚を関西国際空港に密輸したマレーシア人の男

マレーシアのクアラルンプールの空港から、偽造クレジットカード42枚を関西国際空港に密輸したマレーシア人の男(27)。


2017年2月8日、マレーシアのクアラルンプールの空港から、磁気データ入力のある偽造クレジットカード42枚を財布などに隠して、関西国際空港に密輸したマレーシア人の男(27)。

税関職員が、手荷物検査で財布や紙封筒の中に大量のクレジットカードが入っているのを発見。

鑑定に出したところ、偽造クレジットカードだと判明。

偽造クレジットカードは、海外で盗まれたカードの磁気情報が書き換えられたものと見られる。

マレーシア人の男(27)はフェイスブックで高収入があると持ちかけられていた。


逮捕されたのは
マレーシア国籍のアルバイト、レオン・ウェイビン容疑者(27)。


マレーシア国籍のレオン・ウェイビン容疑者(27)は「「偽造クレジットカードを使って、高価な物を日本で購入しマレーシアに持ち帰るよう指示されていた。到着してから指示がある手はずだった」。

「25万円ほどの報酬で日本に持ち込んだ。妻が妊娠中で愛人もいて金が必要だった」などと供述。


この時期に、マレーシア人が偽造クレジットカードを密輸。

Facebookを使って1万リンギット(約25万5000円)の報酬で依頼したのはどこの国の人だろう。

関空で偽造クレジットカード密輸容疑、マレーシア人の男逮捕

 偽造されたクレジットカードを密輸したとして、関西空港署は1日、不正電磁的記録カード輸入の疑いで、マレーシア国籍のアルバイト、レオン・ウェイビン容疑者(27)を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は2月8日、クアラルンプールから関西国際空港に到着した際、磁気データ入力のある偽造クレジットカード42枚を財布などに隠して密輸したとしている。「1万リンギット(約25万5千円)で依頼された」などと供述しているという。税関の職員が手荷物検査で発見した。大阪地検岸和田支部が1日、同罪などで起訴した。

産経新聞west 2017.3.2 08:55 
http://www.sankei.com/west/news/170302/wst1703020022-n1.html


偽造クレジットカード密輸の罪

 関西空港で、偽造されたクレジットカードを密輸しようとしたとして、マレーシア人の男が、逮捕・起訴されました。

 逮捕・起訴されたのは、マレーシア人のアルバイト、レオン・ウェイビン被告(27)です。

 レオン被告は、先月8日、マレーシアの空港から関西空港に到着した際、偽造されたクレジットカード42枚を密輸しようとしたとして、関税法違反などの罪に問われています。

 税関の職員が、手荷物検査で、財布などに多数のクレジットカードが入っているのを見つけ、不審に思って調べたところ、偽造されたものとわかったということです。

 税関などによりますと、調べに対し、「偽造クレジットカードを使って、日本で商品を購入し、マレーシアで転売するつもりだった。25万円の報酬で依頼された」などと、供述しているということです。

 これまでの調べで、偽造されたクレジットカードは、海外で盗まれたカードの磁気情報が書き換えられたものとみられ、こうしたカードが摘発されたのは、関西空港では初めてだということです。

NHK関西 NEWS WEB 03月01日 18時31分
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170301/4316321.html


大量の偽造クレカ密輸 マレーシア国籍の男を逮捕・起訴

 偽造クレジットカードを密輸入しようとしたとして、マレーシア国籍の27歳の男が逮捕・起訴されました。

 関税法違反などの罪で逮捕・起訴されたのは、マレーシア国籍のレオン・ウェイビン被告(27)です。大阪税関などによりますと、レオン被告は先月8日、マレーシアから関西国際空港に偽造クレジットカードを持ち込もうとした罪に問われています。

 「男はフェイスブックで高収入があると持ちかけられ、このようなカードを42枚日本に持ち込もうとしました」(吉田圭吾記者リポート)

 警戒活動中の税関職員がレオン被告の荷物を抜き打ちで検査したところ、大量のカードが財布や紙封筒の中に入っているのを発見。鑑定に出したところ、偽造クレジットカードだと判明したということです。

調べに対し男は…

 「25万円ほどの報酬で日本に持ち込んだ。妻が妊娠中で愛人もいて金が必要だった」(レオン被告)

 偽造クレジットカードの使い道については「高価な物を購入しマレーシアに持ち帰るよう指示されていた。到着してから指示がある手はずだった」と供述しているということです。


MBS(毎日放送)NEWS 更新:03/01 20:05
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170301/00000068.shtml
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする