2017年03月09日

千葉市花見川区の国有地の河川敷を中国人などが不法占有し、小屋などを強制撤去

千葉県千葉市花見川区の印旛放水路の河川敷で畑や小屋などが不法に作られ、10年以上、国有地が不法に占有。


周辺には30区画ほどの畑が作られていて、中国人などのグループが農作業をしていた。


2017年3月7日、作業員らが重機などを使って不法に建てられた小屋を強制撤去。

撤去された木材などは河川敷のそばの一時保管場所に置かれ、撤去にかかる費用は約1000万円。

所有者がわかれば県が請求することになっている。


国有地を占有していた一部は中国人グループと判明してる。


花見川で簡易代執行着手 千葉県、河川敷の小屋など撤去

 千葉市を流れる印旛放水路(通称・花見川)の河川敷が不法に占有され、畑などが多数作られている問題で、県は7日、簡易代執行による撤去作業を始めた。県職員ら約50人が参加し、重機を使って小屋を破壊するなどした。作業は9日まで続く予定。

 対象区間は、不法に設置された畑や釣桟橋などが集中する千葉市花見川区畑町の汐留橋から亥鼻橋の間に位置する左岸約1キロ。2月14日現在で持ち主が分からない畑29件や小屋4件、釣桟橋16件があった。県は同日、河川法に基づく簡易代執行を公告し、同28日までに自主撤去するよう持ち主に求めていた。

 公告後に小屋2件が撤去されたが、それ以外の畑などは残されており、県は簡易代執行に着手した。工事費約1千万円については、持ち主らが不明のため公費負担となるといい、県は持ち主が判明すれば請求を行う方針だという。

産経新聞 2017.3.8 07:02 千葉
http://www.sankei.com/region/news/170308/rgn1703080044-n1.html


河川敷の畑や小屋など強制撤去

 千葉市花見川区の河川敷で畑や小屋などが不法に作られ、放置されているとして、千葉県は法律に基づいて強制的に撤去する作業を始めました。

 千葉市花見川区の印旛放水路の河川敷では、7日午前10時すぎに千葉県の担当者が「簡易代執行」の宣言をしたあと、およそ50人の作業員らが重機などを使って不法に建てられた小屋を撤去しました。

 この河川敷では、所有者のわからない畑や小屋などおよそ50件が、河川を管理する千葉県の許可を得ずに不法に作られていて、増水時に小屋が流されたり、土地の耕作で堤防の機能が低下したりすることが懸念されていました。

 千葉県は、先月、自主的に撤去するよう求める公告を出しましたが、先月28日の期限を過ぎても撤去されなかったことから、河川法の規定に基づいて「簡易代執行」による強制撤去の作業に乗り出しました。

 撤去された木材などは河川敷のそばの一時保管場所に置かれ、撤去にかかるおよそ1000万円の費用は、所有者がわかれば県が請求することになっています。

 千葉県千葉土木事務所の高柳昌司次長は「今後も、不法な土地の占拠が行われないよう呼びかけを続けていきたい」と話しています。

NHK首都圏 NEWS WEB 03月07日 14時18分
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170307/4479551.html


中国人らが国有地で農作業 立ち退き応じず強制撤去

 10年以上にわたって国有地が不法に占有されていました。

 千葉県によりますと、千葉市花見川区の河川敷で10年以上、国有地が不法に占有されていて、県の職員らが7日に小屋などを強制撤去しました。

 小屋の中には、ストーブとみられるようなものや洗面台などが置かれていて、人が生活していたような跡が残されています。


 周辺には30区画ほどの畑が作られていて、近所の住民によりますと、中国人などのグループが農作業をしていたということです。

 県が立ち退きを指導していましたが、応じなかったため、強制撤去に踏み切りました。


テレビ朝日 (2017/03/07 18:45)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000095883.html
posted by ビオラ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコから金属製の筒に隠した覚醒剤約230キロを密輸したメキシコ人の男女とブラジル人を再逮捕

2017年2月24日ブログ記事、メキシコから金属製の筒に隠した覚醒剤約230キロを横浜港に密輸したメキシコ人とブラジル人の男女3人の続報。


2015年12月、メキシコから金属製の筒に隠した覚醒剤約230キロ(末端価格161億円相当)をコンテナ船で横浜港に密輸したメキシコ人の男女と日系ブラジル人の男。

昨年の2016年7月、横浜税関がメキシコから横浜港に到着したコンテナ船の貨物の中に、溶接した金属スクラップのうち46本の筒(直径17センチ、長さ80センチ)の内部に覚醒剤があるのを発見。

中身を岩塩に入れ替えて、泳がせ捜査。

警察史上最長の95日間、追跡捜査をした。


金属製の筒は埼玉県加須市の工場跡地に運ばれた後、神奈川県相模原市緑区の住宅兼倉庫に移動。

昨年の2016年12月、メキシコ人の男女らが筒を解体しようとしたため、逮捕。

2017年3月7日、メキシコから覚醒剤約230キロ(末端価格161億円相当)を横浜港に密輸したとして、メキシコ人の男女と日系ブラジル人の男を再逮捕。

メキシコ人の男女は現地の密輸組織メンバーで、日本国内で覚醒剤を受け取り何者かに引き渡す役割を担っていたとみている。


逮捕されたのは
ブラジル国籍のコンサルタント会社代表社員、埼玉県坂戸市、ヤノ・エドアルド・ヨシユキ容疑者(49)。

メキシコ国籍の婦人服店経営、神奈川県相模原市緑区青野原、マフ・ナバロ・サイダ・へオルヒナ容疑者(34)。

ブラジル国籍とメキシコ国籍の男女2人の計3人。


メキシコ国籍のマフ・ナバロ・サイダ・へオルヒナ容疑者(34)らは「密輸に全く関係ない」などと容疑を否認。


ブラジル国籍のヤノ・エドアルド・ヨシユキ容疑者(49)の職業は毎日新聞から。

メキシコ国籍で婦人服店経営のマフ・ナバロ・サイダ・へオルヒナ容疑者(34)の住所は神奈川新聞から。

神奈川新聞の記事はメキシコ国籍の婦人服店経営の容疑者(34)で、名前は出てない。


覚醒剤を神奈川県相模原市緑区で保管したのは日本に住所があるメキシコ人らしい。

メキシコの犯罪組織は、高値で取引できる日本を狙っているそう。


数年前に、イラン人の男が覚醒剤を神奈川県相模原市の自宅で密造していた事件があった。

ニュースに映ったイラン人の男の自宅は新しい神奈川県相模原市の戸建住宅。

神奈川県相模原市は犯罪に利用しやすいのだろうか。

覚醒剤230キロ密輸容疑 メキシコ人ら再逮捕

 横浜港に荷揚げされた金属製の筒から覚醒剤二百三十キロ(末端価格百六十一億円)が見つかった事件で、神奈川、埼玉、千葉などの四県警は七日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、メキシコ国籍の自称婦人服店経営マフ・ナバロ・サイダ・ヘオルヒナ容疑者(34)ら外国人三人=いずれも麻薬特例法違反の罪で起訴=を再逮捕した。

 神奈川県警薬物銃器対策課によると、三人はいずれも「事件に関係ない」などと容疑を否認しているが、マフ・ナバロ容疑者らメキシコ国籍の二人は現地の密輸組織メンバーで、国内で覚醒剤を受け取り何者かに引き渡す役割を担っていたとみている。

 再逮捕容疑は二〇一五年十二月、メキシコを出港した貨物船のコンテナに覚醒剤計二百三十キロを隠し、横浜港に密輸したとされる。

 横浜税関が昨年七月、コンテナに入っていた金属スクラップのうち四十六本の筒(直径十七センチ、長さ八十センチ)の内部に覚醒剤があるのを発見し、中身を岩塩に入れ替えて泳がせ捜査を行った。筒は埼玉県加須市の工場跡地に運ばれた後、相模原市緑区の住宅兼倉庫に移動。昨年十二月、マフ・ナバロ容疑者らが筒を解体しようとしたため、神奈川県警が麻薬特例法違反容疑で逮捕していた。

東京新聞 2017年3月8日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201703/CK2017030802000163.html


覚醒剤160億円密輸か再逮捕

 去年7月、横浜市の港に到着した貨物から末端の密売価格でおよそ160億円分にのぼる大量の覚醒剤が見つかった事件で、警察は、ブラジル人など3人を覚醒剤を密輸した疑いで再逮捕しました。

 調べに対し、3人は容疑を否認しているということです。

 再逮捕されたのは、ブラジル人のヤノ・エドアルド・ヨシユキ容疑者(49)と、32歳34歳のメキシコ人2人です。

 警察の調べによりますと、3人は、去年7月、末端の密売価格でおよそ160億円分にのぼる大量の覚醒剤をメキシコから密輸したとして、覚醒剤取締法違反の疑いが持たれています。

 覚醒剤は、重さ230キロあり、筒状の金属に隠された状態で横浜港に到着したコンテナ船の貨物の中から見つかりました。


 警察や税関が荷物の中身を入れ替えて配送先で警戒を続けたところ、3人が受け取りに来たとして、麻薬特例法違反の罪で起訴されていました。

 警察や税関は、背後に大がかりな密輸組織が関わっているとみて、実態の解明を進めています。

 警察の調べに対し、3人は容疑を否認しているということです。

NHK首都圏 NEWS WEB 03月07日 18時21分
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170307/4517151.html


覚醒剤約230キロ密輸 メキシコ人ら逮捕

 神奈川県の横浜港で約161億円相当の覚醒剤が押収された事件で、警察は、密輸に関与したとしてメキシコ人ら3人を逮捕した。

 覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、メキシコ国籍で婦人服店経営のマフ・ナバロ・サイダ・へオルヒナ容疑者(34)ら男女3人。警察によるとマフ・ナバロ容疑者ら2015年12月、覚醒剤約230キロ、末端価格で161億円相当を金属の筒に隠して密輸した疑いがもたれている。

 筒は、メキシコから横浜港に着いた船のコンテナから発見され、神奈川県警が中身を岩塩にすり替えて泳がせ、警察史上最長の95日間、追跡捜査をした結果、逮捕に至ったという。

 調べに対し3人は容疑を否認していて、警察は、メキシコの大規模な密輸組織が関わっているとみて調べている。

日テレNEWS 2017年3月7日 21:09
http://www.news24.jp/articles/2017/03/07/07355892.html


161億円相当 覚醒剤230kg密輸したメキシコ人ら逮捕

 メキシコから横浜港に161億円相当の覚醒剤を密輸したとして、メキシコ人の女らが逮捕されました。

 メキシコ国籍のマフ・ナバロ・サイダ・ヘオルヒナ容疑者(34)ら3人去年12月、メキシコから横浜港にコンテナ船を使って覚醒剤約230キロ、末端価格161億円相当を密輸した疑いが持たれています。

 警察などによりますと、マフ・ナバロ容疑者らは金属のスクラップの空洞に覚醒剤を隠し、溶接して密閉していました。

 取り調べに対し、マフ・ナバロ容疑者らは「密輸に全く関係ない」などと容疑を否認しています。

 警察は海外の薬物組織による犯行の可能性があるとみて、密輸ルートの解明を急いでいます。

テレビ朝日 (2017/03/08 00:05)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000095921.html


覚醒剤230キロ密輸した疑い、ブラジル国籍の男ら3人逮捕

 鉄パイプの中に覚醒剤およそ230キロを隠し密輸したとして、ブラジル国籍の男ら3人が逮捕されました。

 覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、ブラジル国籍で、埼玉県坂戸市のヤノ・エドアルド・ヨシユキ容疑者(49)ら3人です。3人おととし12月、スクラップとして申告した鉄パイプ46本の中に、覚醒剤およそ230キロ、末端価格161億円相当を隠し、メキシコから密輸した疑いが持たれています。

 横浜税関の職員が陸揚げされたコンテナをX線で調べたところ、覚醒剤が隠されていることに気付いたということです。

 調べに対しヤノ容疑者らは容疑を否認していますが、警察は大規模な密輸組織が関与しているとみて全容解明を進めています。

TBS (07日17:50)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2999720_ie9.html
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする