2017年03月11日

べトナム人の男が借りた群馬県桐生市のアパートから大麻草400本を押収で、ベトナム人を起訴

2017年2月18日ブログ記事、俳優の息子と偽装結婚したベトナム人の女と仲介者の男が群馬県桐生市のアパートを1棟借りて大麻栽培の続報。

群馬県桐生市のアパート1棟を借り上げて、大麻草を栽培したベトナム国籍の男女2人。

ベトナム国籍の男女2人は生育段階別に5つの部屋で大麻を栽培。

ベトナム国籍の男(27)の群馬県桐生市のアパートの部屋から、大麻草400本や乾燥大麻約260グラム(末端価格1億円相当)を押収。

1回の押収量としては、警視庁に記録が残る2008年(平成20年)以降で、最多。


ベトナム国籍の男女2人のうち、ベトナム国籍の女(22)は俳優ベンガルさんの息子(35)と偽装結婚して逮捕された女。


2017年3月8日、ベトナム国籍の男(27)が借りた群馬県桐生市のアパートで、大麻草108本を栽培した罪などで起訴。

共犯者のベトナム国籍の女(22)は嫌疑不十分で不起訴処分。


逮捕・起訴されたのは
ベトナム国籍の無職、群馬県桐生市新里町小林、チャン・バン・ミン容疑者(27)。


ベトナム人や暴力団が倉庫や室内など大麻草栽培で摘発。

無職のベトナム人が日本で何してるんだ。

アパートから大麻草400本押収 平成20年以降最多 東京地検、栽培のベトナム国籍男起訴

 東京地検は8日、大麻取締法違反(営利目的栽培)の罪で、ベトナム国籍、無職、チャン・バン・ミン容疑者(27)=群馬県桐生市=を起訴した。共犯として逮捕された女性(22)は、嫌疑不十分で不起訴処分とした。

 起訴状によると、昨年7〜11月ごろ、ミン被告が借りる桐生市のアパートで、大麻草108本を栽培したなどとされる。

 警視庁はアパートから大麻草400本を押収。1回の押収量としては、警視庁に記録が残る平成20年以降最多だった。

産経新聞 2017.3.8 22:38
http://www.sankei.com/affairs/news/170308/afr1703080045-n1.html


大麻栽培で27歳男起訴 東京地検、交際相手は不起訴

 東京地検は9日までに、アパートで大量の大麻を栽培したなどとして逮捕されたベトナム国籍の無職、チャン・バン・ミン容疑者(27)=群馬県桐生市=を大麻取締法違反(営利目的栽培など)の罪で起訴した。同様に逮捕された交際相手の女性(22)は不起訴処分(嫌疑不十分)とした。

日本経済新聞 2017/3/9 11:51
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08HCG_Z00C17A3CC0000/
posted by ビオラ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミサイル開発に可能な炭素繊維製造部品を中国に不正輸出した広島の会社役員と韓国籍の男ら3人

ミサイル開発など、軍事転用も可能な炭素繊維の製造機器部品を中国に不正輸出した広島県、兵庫県、東京都の会社役員3人。

経済産業相の承認を受けずに、炭素繊維を作る機械を神戸港から中国・上海の企業に輸出。


炭素繊維は強度や耐熱性に優れ、自動車の車体やテニスラケットや釣りざおなどに使われるほか、ミサイルなど軍事転用が可能で、輸出が厳しく規制されている。

炭素繊維の製造装置や、その部品も含め輸出が規制され、国の許可が必要。


2013年(平成25年)5月3日、経済産業相の許可を受けずに、炭素繊維製造機器の一部である「炉」のフレーム(輸出申告価格約270万円)1台を神戸港から中国・上海の企業へ輸出。

輸出先は中国・上海の企業で、中国の会社と交わした売買契約は3億6000万円に上るとみられる。


2011年に、東京都中央区入船のエネルギー機器開発会社の役員(50)が製造機器の売買契約を結んだ。

昨年の2016年10月、全国9つの都府県の22か所の関係先を捜索。関係者への聞き取りなどを進めていた。


逮捕されたのは
元産業廃棄物処理会社「宏栄産業」(2014年6月に解散)役員、広島県三原市宗郷5丁目、松原宏行容疑者(58)。

エネルギー機器開発会社の役員、東京都中央区入船、東條宏文容疑者(50)。

韓国籍の精密機器販売会社の役員、兵庫県神戸市長田区滝谷町、金一勲容疑者(56)。

広島県、東京都、兵庫県の会社役員3人。


会社名や住所などは広島新聞、毎日新聞、広島テレビから。

松原宏行容疑者(58)は「輸出したのは焼き物用の乾燥炉の部品だ」などと供述し、3人は容疑を否認。


NHKの全国ニュースは同じ記事で、動画がない。

これは大きな事件だと思うけど、テレビは同じニュースばかり。

広島県三原市、東京都中央区、兵庫県神戸市の韓国籍の会社役員ら3人が関与し、神戸港から中国に不正輸出。

そういえば、軍事転用可能な炭素繊維の工場を韓国に作ってる日本企業があるんだっけ。

炭素繊維製造部品を不正輸出=中国に、会社役員ら3人逮捕−広島県警など

 軍事転用も可能な炭素繊維の製造機器部品を中国に不正輸出したとして広島、愛知、石川3県警合同捜査本部は8日、外為法違反(無承認輸出)容疑で、広島県三原市宗郷、元産業廃棄物処理会社役員松原宏行容疑者(58)ら3人を逮捕した。「輸出したのは焼き物用乾燥炉部品だ」などといずれも容疑を否認しているという。広島県警外事課によると、炭素繊維製造機の不正輸出摘発は全国初。

 他に逮捕されたのは、東京都中央区入船、エネルギー機器開発会社役員東條宏文(50)、神戸市長田区滝谷町、韓国籍の精密機器販売会社役員金一勲(56)両容疑者

 逮捕容疑は、3人共謀し2013年5月3日、炭素繊維製造機器の一部である炉のフレーム(輸出申告価格約270万円)1台を、経済産業相の承認を受けずに神戸港から船で中国に輸出した疑い。

 同課によると、輸出先は上海の企業で、11年に東條容疑者が製造機器の売買契約を結んだ。

 炭素繊維は強度や耐熱性に優れるため、テニスラケットや釣りざおなどの民生品のほかミサイルなどの軍事製品にも用いられる。

時事通信 (2017/03/08-19:11)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030801162&g=soc


ミサイル開発可能な装置の部品を無許可で輸出か 3人逮捕

 ミサイルの開発などに転用されるおそれがあるとして、輸出が規制されている炭素繊維を作るのに必要な装置の部品を、国の許可を受けずに中国に輸出したとして、広島県の会社役員ら3人が外国為替法違反の疑いで逮捕されました。3人はいずれも容疑を否認しているということです。

 逮捕されたのは、いずれも別々の会社の役員を務める、広島県三原市の松原宏行容疑者(58)、東京・中央区の東條宏文容疑者(50)、神戸市長田区の金一勲容疑者(56)の3人です。

 警察によりますと、3人平成25年5月、炭素繊維を作るのに必要な「不融化炉」という装置の部品を、国の許可を受けずに中国・上海の会社に輸出したとして、外国為替法違反の疑いが持たれています。

 警察によりますと、調べに対し、松原容疑者は「輸出したのは焼き物用の乾燥炉の部品だ」と供述し、3人はいずれも容疑を否認しているということです。

 炭素繊維は釣りざおや、テニスラケットなどに使われる一方ミサイルの開発などに転用されるおそれがあるとして、製造装置や、その部品も含め、輸出が規制されています。

 警察は3人部品の調達や、輸出の手配などを分担して行っていたと見て、ほかに不正な輸出がなかったかどうか調べています。

NHK広島 NEWS WEB 03月09日 12時25分
http://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20170309/4552382.html


ミサイル製造に転用可能な機械、中国に無許可で輸出容疑 会社役員ら男3人逮捕 同種機械では初摘発 広島県警

 広島県警などは8日、炭素繊維を作る機械を中国へ輸出したとして、外為法違反(無許可輸出)の疑いで、広島県の会社役員ら男3人を逮捕した。

 炭素繊維はミサイルなど軍事転用が可能で、輸出が厳しく規制されている。機械を輸出する場合も国の許可が必要で、県警によると、同種の機械の無許可輸出による逮捕は全国初という。

 逮捕容疑は平成25年、経済産業相の許可を受けずに炭素繊維を作る機械を中国へ輸出した疑い。

産経新聞west 2017.3.8 16:53
http://www.sankei.com/west/news/170308/wst1703080071-n1.html


炭素繊維製造装置の部品を不正輸出で3人逮捕

 軍事転用が可能な炭素繊維を作る装置の部品を不正に輸出したとして、三原市の会社役員ら3人が警察に逮捕されました。

 逮捕されたのは、三原市の会社役員・松原宏行容疑者と、東京の会社役員・東條宏文容疑者、神戸市の会社役員で韓国籍の金一勲容疑者の3人です。

 警察によりますと3人共謀して、4年前、炭素繊維を作る装置の部品である「炉体」を無許可で中国に輸出した疑いが持たれています。

 炭素繊維は軽くて強いことが特徴で、自動車の車体やゴルフクラブのシャフトなどに広く使われる一方で、ミサイルなどの大量破壊兵器に軍事転用される恐れがあり、法律で輸出が規制されています。

 警察は、去年10月、全国9つの都府県の22か所の関係先を捜索し、関係者への聞き取りなどを進めていました。

 取り調べに対し松原容疑者は、「輸出したのは焼き物用の乾燥炉の部品だ」と供述するなど、3人のいずれも容疑を否認しているということです。

RCC [2017.3.8 18:46]
http://news.rcc.jp/?i=27461


“軍事転用可能な装置”中国に輸出か 全国初の逮捕


 ミサイルなどに軍事転用が可能な炭素繊維を作る装置の一部を中国へ輸出したとして、広島県の元社長らが逮捕されました。

 広島県三原市の産業廃棄物処理関連会社の元社長・松原宏行容疑者(58)ら3人2012年、炭素繊維を製造する装置の一部を許可なく中国に輸出した疑いです。

 輸出したのは炭素繊維を製造する工程で使われる「炉」のフレームで、広島県警によりますと、装置の不正輸出による逮捕は全国で初めてです。

 炭素繊維はスポーツ用品や自動車などに使われますが、核兵器やミサイルなどに転用される恐れがあることから輸出が規制されています。

 調べに対し、3人とも容疑を否認しています。

テレビ朝日 (2017/03/09 05:58)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000096014.html
ラベル:韓国 国籍 会社
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする