2017年04月26日

中国から帰化した女の中国出身4姉妹が営業禁止区域で性的サービスをするマッサージ店を6店摘発

大阪府大阪市中央区道頓堀のマッサージ店「リラクゼーションマッサージ琳」など、風俗営業禁止区域で性風俗店を営んだ6店舗を摘発。

6店舗はグループ店とみられ、中国から帰化した経営者の女(45)が、このうち4店舗を営んでいた。

中国から帰化した経営者の女(45)の店では、中国籍の姉3人も勤務。


2017年4月24日、風俗営業禁止区域内で性風俗店を営んだとして、大阪府大阪市中央区道頓堀のマッサージ店「リラクゼーションマッサージ 琳」など6店舗を摘発。

今年の2017年2月と4月、営業禁止区域にあるマッサージ店舗内で、中国籍の女性従業員に男性客へ性的なサービスをさせたとして、中国から帰化した経営者の女(45)や中国人従業員の女など4人を逮捕。


逮捕されたのは
道頓堀のマッサージ店「リラクゼーションマッサージ琳」経営者、奈良県奈良市、中国から帰化した女(45)。

中国籍の従業員で、中国から帰化した女(45)の姉1人。

別の中国籍の従業員の女1人。

別の店の経営者の男。

中国籍の従業員ら計4人。


経営者ら3人は「性的なサービスはしていない」などと容疑を否認。残る1人は容疑を認める。


中国から帰化した経営者の女(45)の名前が出てない。

中国は一人っ子政策だったと思うけど、中国人4姉妹ってどいうことだ。

マッサージ店の従業員でもある中国人姉妹の在留資格はどうなってるの?

風俗店を経営するような外国人は善良な国民ではない。

こんな連中は日本国籍を取り消して欲しいよ。

中国出身4姉妹らで違法マッサージ店…容疑で経営者ら逮捕 大阪府警、道頓堀などの6店摘発

 営業禁止区域内で性風俗店を営んだとして、大阪府警生活安全特別捜査隊などは24日、風営法違反の疑いで、大阪市中央区道頓堀のマッサージ店「リラクゼーションマッサージ 琳」など6店舗を摘発し、経営者の女(45)=奈良市=や中国人従業員ら計4人を逮捕したと発表した。

 大阪府警によると、6店舗はグループ店とみられ、経営者の女はこのうち4店舗を営んでいたことを認めているという。経営者の女は中国から帰化しており、店では中国籍の姉3人も勤務。府警はこの経営者のほか、姉1人別の店の経営者の男別の中国籍従業員の女1人を逮捕した。

 逮捕容疑は今年2月と4月、営業禁止区域にある店舗内で、女性従業員に男性客へ性的なサービスをさせたなどとしている。経営者ら3人「性的なサービスはしていない」などと容疑を否認、残る1人は認めているという。

産経新聞west 2017.4.24 12:07
http://www.sankei.com/west/news/170424/wst1704240047-n1.html
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする