2017年05月18日

営業禁止区域の錦糸町駅近くで個室マッサージ店を装い、中国人従業員が売春

JR錦糸町駅前の風俗営業禁止区域の東京都墨田区江東橋にある個室マッサージ店「健康堂」で、中国人の従業員に売春をさせ、従業員の男女3人を現行犯逮捕。

東京都墨田区江東橋の個室マッサージ店「健康堂」は整体マッサージ店を装って、女性従業員が男性客に性的サービス。

個室マッサージ店「健康堂」の男性従業員(48)は「40分1万円で本番行為ができる」などと言って客を集めていた。

店は40代から50代の中国人従業員が数名勤務し、中国籍の女に売春をさせていた。

昨年の2016年5月から1年間で、約2000万円を売り上げ。


2017年5月17日、JR錦糸町駅近くの風俗営業禁止区域、東京都墨田区江東橋にある個室マッサージ店「健康堂」で整体マッサージ店を装い、男性客に中国籍の従業員の女(50)が性的サービスをして、現行犯逮捕。


逮捕されたのは
東京都墨田区江東橋の個室マッサージ店「健康堂」従業員、古谷美佐男容疑者(48)。

中国籍の従業員の女2人。


古谷美佐男容疑者(48)ら2人は「客に売春をさせたことに間違いありません」と容疑を認める。

中国人の女1人は容疑を否認。


個室マッサージ店「健康堂」(癒しのマッサージ)はビルの3Fにあり、『10分1000円、45分3500円、仮眠、アカスリあり』の文字が動画に映ってた。

個室マッサージ店やエステ店を装った外国人の女性従業員が性的サービスをする風俗店は多い。

錦糸町は中国人や韓国人など色々な国の人がいるところ。


JR錦糸町駅前、東京都墨田区江東橋の雑居ビル8階のバカラ賭博店を今年の2017年5月16日に摘発し、従業員と客を現行犯逮捕。(ニュースは2017年5月17日 )

バカラ賭博店を摘発 賭博開帳図利容疑などで責任者らを逮捕 警視庁
(産経新聞 2017.5.17 14:00更新)


売り上げの一部は暴力団の資金源となった可能性。

錦糸町は危ない。

売春あっせん容疑 経営者ら逮捕

 東京・墨田区の個室マッサージ店で、女性従業員に売春をさせていた疑いで、経営者の男らが警視庁に逮捕された。

 売春防止法違反で現行犯逮捕されたのは、東京・墨田区のJR錦糸町駅前で、個室マッサージ店「健康堂」を経営する古谷 美佐男容疑者(48)と、従業員の中国人の女2人

 古谷容疑者らは、店で女性従業員に、40分1万円の料金で男性客を相手に売春をさせた疑いが持たれている。


 古谷容疑者は、調べに対し「客に売春をさせたことに間違いありません」と容疑を認めているが、中国人の女1人は否認している。

 2016年5月以降の1年間で、およそ2,200万円を売り上げていたという。

FNNニュース 05/17 13:44
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00358455.html


禁止区域で営業、個室マッサージ店摘発

 東京・墨田区にある個室マッサージ店が摘発され、従業員の男女3人が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは墨田区の個室マッサージ店「健康堂」の従業員・古谷美佐男容疑者(48)ら3人で、今月15日、風俗店の営業禁止区域内にもかかわらず、男性客に対し従業員の中国籍の女(50)に性的サービスをさせたなどの疑いが持たれています。

 古谷容疑者らは中国籍の女らに売春をさせ去年5月からの1年間でおよそ2000万円を売り上げていたということです。古谷容疑者ら2人は容疑を認めているということですが、1人は容疑を否認しています。

TBS  5月17日10時47分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3055374.htm


「40分1万円で本番」風俗禁止地域で営業

 東京・墨田区のJR錦糸町駅近くで、個室マッサージ店の店内で売春を行っていたなどとして、従業員の男女3人が現行犯逮捕された。

 逮捕されたのは、墨田区の個室マッサージ店「健康堂」の従業員・古谷美佐男容疑者(48)ら、男女3人。警視庁によると、古谷容疑者らは15日、風俗営業が禁止されている地域で整体マッサージ店を装って性的サービスをさせていた疑いなどがもたれている。

 古谷容疑者らは「40分1万円で本番行為ができる」などと言って客を集め40代から50代の中国人の従業員の女に売春をさせていたという。

 店は、去年5月からの1年間で約2000万円を売り上げていたという。調べに対し、古谷容疑者ら2人は容疑を認め、1人は否認しているという。

日テレNEWS 2017年5月17日 19:52
http://www.news24.jp/articles/2017/05/17/07361767.html


「本番行為できるよ」マッサージ店装い“違法風俗”

 東京・墨田区で女性従業員にみだらな行為をさせたなどとして、違法風俗店の実質的経営者の男ら3人が逮捕されました。

 墨田区江東橋にある「健康堂」の実質的な経営者・古谷美佐男容疑者(48)ら3人15日、営業禁止地域でマッサージ店を装って、女性従業員に対して男性客に性的サービスをさせた疑いなどが持たれています。

 警視庁によりますと、この店では40分1万円で「本番行為できるよ」などと客を集めていて去年5月からの1年間で約2000万円を売り上げていたということです。

 店には40代から50代の中国人数人が勤務していました。


 取り調べに対して古谷容疑者ら2人は容疑を認めていて、1人は否認しているということです。

テレビ朝日 (2017/05/17 11:59)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100957.html
ラベル:中国 国籍
posted by ビオラ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マレーシアのクアラルンプールから偽造クレジットカードを新千歳空港に密輸したマレーシア国籍の男2人

昨日のブログに続き、マレーシア人と偽造クレジットカードの事件。

2017年4月24日と4月26日、マレーシアのクアラルンプール国際空港から、財布などに隠し持った偽造クレジットカードを新千歳空港に密輸入したマレーシア人の2人。

いずれも税関職員が新千歳空港内で偽造クレジットカードを発見し、2017年4月25日と4月26日にそれぞれ逮捕。

2017年3月にも、新千歳空港ではマレーシア国籍の男2人が同様の容疑で逮捕されている。



2017年4月24日、マレーシア・クアラルンプール発の便で、新千歳空港に着いた際、偽造クレジットカード16枚を輸入。

2017年4月26日、財布に入れた偽造クレジットカード23枚を新千歳空港に輸入。

2017年5月15日、マレーシア国籍の男2人を起訴。


逮捕・起訴されたのは
マレーシア国籍のアルバイト従業員(自称タクシー運転手)、ヤオ・ホン・ペン容疑者(24)。

マレーシア国籍の自営業(自称海産物販売店経営)、ヨー・ジュン・リム容疑者(32)。

マレーシア国籍の2人。


マレーシア国籍の2人は「インターネットで知り合った人に頼まれた」などと容疑を認める。


またマレーシア人が偽造クレジットカードを密輸入。

マレーシアの空港で起こった事件と同じように「インターネットで知り合いに頼まれた」といってるんだね。



マレーシア人2人起訴 偽造カード輸入未遂 札幌地検


 偽造クレジットカードを輸入しようとしたとして、札幌地検は16日、関税法違反(禁制品の輸入未遂)などの罪で、マレーシア国籍、アルバイト従業員ヤオ・ホン・ペン容疑者(24)を起訴した。同地検は同罪などで、同国籍、自営業ヨー・ジュン・リム容疑者(32)も15日付で起訴した。

 起訴状によると、ヨー被告4月24日、マレーシア・クアラルンプール発の便で新千歳空港に着いた際、偽造カード16枚を輸入しようとし、ヤオ被告同26日、財布に入れた偽造カード23枚を新千歳空港から輸入しようとしたとしている。いずれも税関職員が空港内で偽造カードを発見し、千歳署が同25日と同26日にそれぞれ逮捕していた。

北海道新聞 05/17 07:00
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0400371.html


千歳署、マレーシア人2人逮捕 偽造カード密輸疑い

 偽造クレジットカードの密輸入を試みたとして函館税関千歳税関支署と合同捜査した千歳署は16日、マレーシア国籍の自称海産物販売店経営ヨー・ジュン・リム(32)自称タクシー運転手ヤオ・ホン・ペン(24)両容疑者関税法違反(偽造クレジットカード密輸入未遂)などの疑いで4月27日までに逮捕、送検したと発表した。2人は16日までに札幌地裁に起訴された。

 同署によると、2人4月24、26日にマレーシアのクアラルンプール国際空港から各18枚、28枚の偽造クレジットカードを財布などに隠し持って密輸入を試みた疑いがある。「インターネットで知り合った人に頼まれた」などと容疑を認めているという。新千歳空港では3月にも同様の容疑で同国籍の男2人が逮捕されている。

苫小牧民報社  (2017年 5/17)
http://www.tomamin.co.jp/20170550615

ラベル:マレーシア 国籍
posted by ビオラ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マレーシアから偽造クレジットカードを北海道の新千歳空港に密輸したマレーシア人の2人

昨日の2017年5月17日ブログ、東京の百貨店で高級ブランドのバッグなどを購入するため偽造クレジットカードを所持したマレーシア人。

2017年3月3日
ブログ記事、マレーシアから偽造クレジットカード42枚を関西国際空港に密輸したマレーシア人の男。

昨日の2017年5月17日と3月3日のブログに続き、マレーシア人と偽造クレジットカードの事件。


先月の2017年4月12日の記事。

2017年3月17日と3月18日、マレーシアから偽造クレジットカードを財布などに隠して密輸したマレーシア人の男2人。

日本国内では2月以降に、関西国際、成田空港などで同様の摘発が相次ぎ、函館税関千歳税関支署が警戒を強めていた。

偽造クレジットカードの密輸による関税法の適用は北海道内初。


北海道ニュースUHBのキャッシュ(2017年4月11日19:35)によると、マレーシア人の男2人は「カードを使ってブランド品を持ち帰り、報酬をもらえることになっていた」と話す。


逮捕されたのは
マレーシア国籍の自称自営業、ヤップ・シー・ロン容疑者(40)。

マレーシア国籍の自称会社員、コー・チョン・ホア容疑者(36)。

マレーシア国籍の男2人。


マレーシア国籍の男2人は容疑を否認していたが、現在は「金に困り運び屋を引き受けた」などとおおむね認める。


この後にも、北海道の新千歳空港に偽造クレジットカードを密輸入したマレーシア人2人が逮捕されてる。

偽造クレジットカードの名義はどこの国の人なのだろう。


偽造カード密輸未遂 マレーシア人2人逮捕−千歳署・税関支署


 偽造クレジットカードを新千歳空港に密輸入しようとしたとして、函館税関千歳税関支署と合同で捜査した千歳署は11日、マレーシア国籍の自称自営業ヤップ・シー・ロン容疑者(40)同国籍の自称会社員コー・チョン・ホア容疑者(36)を関税法違反(偽造クレジットカード密輸入未遂)などの疑いで3月23日までに逮捕、送検したと発表した。2人は11日までに起訴された。

 同署などによると、両容疑者3月17、18日にマレーシアから偽造クレジットカード各54枚、51枚をスーツケースに入れて密輸入を試みた疑い。当初2人は容疑を否認していたが、現在は「金に困り運び屋を引き受けた」などとおおむね認めているという。

 国内では2月以降に関西国際、成田空港などで同様の摘発が相次ぎ、同支署が警戒を強めていた。偽造クレジットカードの密輸による関税法の適用は道内初。

苫小牧民報社 (2017年 4/12)
http://www.tomamin.co.jp/20170449492
ラベル:マレーシア 国籍
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする