2016年02月22日

同志社大学のゴミを無許可で収集した事件で新たに3人を逮捕

同志社大学のゴミを無許可で収集したとして、事務方のトップらが逮捕された事件。

新たに3人を逮捕。

2016年2月18日の朝、同志社大学の理事長室、施設課など関係先を家宅捜索。


昨年の2015年4月、学校法人同志社(京都市上京区)の出資会社「同志社エンタープライズ」(京都市上京区)などが、市の許可を得ずに大学施設などのごみを収集・運搬。

同志社の100%子会社として「同志社エンタープライズ」(京都市上京区)は2005年(平成17年)に設立。

2006年度(平成18年)から、同志社とごみ収集・運搬の委託契約を結んでいた。

実際のごみ収集は「同志社エンタープライズ」の下請けの施設管理会社「コスモスビルメンテナンス」(同)が担っていた。


同志社が2012年(平成24年)から繰り返し、問題性を指摘されていたにもかかわらず、事態を放置していたとみている。

逮捕されたのは
学校法人同志社(京都市上京区)の施設部長、京都市北区出雲路立テ本町、山下利彦容疑者(59)。

学校法人同志社(京都市上京区)の施設課長、京都市左京区一乗寺塚本町、阪田清容疑者(58)。

学校法人同志社(京都市上京区)の施設係長、大阪府大阪市中央区北浜東、徐启(よし=肩の「月」が「口」)和容疑者(39)。


施設係長の名前の漢字は注意があるけど、国籍は書いてない。

京都府警は3人の認否を明らかにしていない。


同志社大学は2度目の家宅捜索。

学校は問題を指摘されていたのに放置していた。

無許可でゴミ収集と運搬を委託するなんて利権でもあるのか。


同志社施設部長ら3人逮捕…学校側が主導か、再び捜索 ごみ違法収集容疑(1/2ページ)


 同志社大キャンパスの一般廃棄物に絡む廃棄物処理法違反事件で、無許可の子会社と委託契約をしていたとして、京都府警は18日、廃棄物処理法違反(委託基準違反)の疑いで、学校法人同志社(京都市上京区)の施設部長、山下利彦容疑者(59)=京都市北区=ら職員3人を逮捕した。

 府警は、3人の認否を明らかにしていない。

 府警は学校法人側がキャンパスの無許可収集を主導したとみて捜査を進める。この日は、学校法人同志社などをあらためて家宅捜索。水谷誠理事長の関与の有無についても慎重に調べる。

 逮捕容疑は、共謀の上、昨年4月、市から許可を得ていない子会社「同志社エンタープライズ」(同市上京区)と、ごみの収集・運搬業務を委託契約し、下請け会社「コスモスビルメンテナンス」が無許可収集・運搬を行った同年11月分の代金として、約204万円を支払い、委託したとしている。

 府警は同志社が平成24年から繰り返し、問題性を指摘されていたにもかかわらず、事態を放置していたとみている。

 学校法人同志社は、1月に行った会見で、「法令違反という認識が十分でなく、指導後も猶予を受けていたと認識していた」などと釈明している。

産経新聞west 2016.2.18 12:03
http://www.sankei.com/west/news/160218/wst1602180038-n1.html


同志社施設部長ら3人逮捕…学校側が主導か、再び捜索 ごみ違法収集容疑(2/2ページ)

 同志社エンタープライズは、同志社の100%子会社として平成17年に設立。市の許可は得ていなかったが、18年度から、同志社とごみ収集・運搬の委託契約を結んでいた。

産経新聞 2016.2.18 12:03
http://www.sankei.com/west/news/160218/wst1602180038-n2.html


同志社施設部長ら3人逮捕 ごみ無許可収集黙認疑い

 学校法人同志社(京都市上京区)の出資会社などが市の許可を得ずに大学施設などのごみを収集運搬したとされる事件で、無許可状態を黙認したとして、西京署などは18日、廃棄物処理法違反の疑いで、新たに、同志社の施設部長山下利彦容疑者(59)=京都市北区出雲路立テ本町=ら3人を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、同志社大の施設課長阪田清容疑者(58)=左京区一乗寺塚本町=同係長徐启和容疑者(39)=大阪市中央区北浜東

 逮捕容疑は共謀し、昨年4月1日、市の一般廃棄物収集運搬業の許可を得ていない同志社の出資会社「同志社エンタープライズ」(上京区)と契約を交わし、同11月27日、月額約200万円の委託費で、同大学今出川キャンパス(同)や学生寮から排出された紙くずなどのごみ約900キロを収集、運搬させた疑い。

 実際のごみ収集は、エンター社の下請けの施設管理会社(同)が担っていたという。


 京都府警は3人の認否を明らかにしていない。府警は18日朝、大学の施設課など関係先を家宅捜索した。

 この日は一部の学部の合格発表日(インターネットのみ)と重なり、同キャンパスを歩いていた文学部2年の男子学生(21)は「2回も家宅捜索を受け、大学のイメージが下がらなければよいが」と話した。

京都新聞 【 2016年02月18日 12時20分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20160218000079


同志社幹部ら3人逮捕、京都府警 ごみ無許可収集委託容疑

 同志社大(京都市上京区)のごみ無許可収集事件で、京都府警は18日、無許可の関連会社「同志社エンタープライズ」に収集を委託したとして、学校法人同志社の施設部長、山下利彦容疑者(59)ら3人を廃棄物処理法違反の疑いで逮捕した。

 他に逮捕したのは、同志社大の施設課長、阪田清容疑者(58)同課係長、徐●(戸の下に口)和容疑者(39)。府警は学校法人側も違法な状態を把握しながら、組織的に委託を続けていたとみて詳しい経緯を調べる。同日、大学の理事長室などを家宅捜索した。

 逮捕容疑は、共謀してエンター社が京都市の許可を得ていないのに、昨年4月に2015年度分のごみ収集の委託を契約。月当たりの費用約200万円で、11月27日に同志社大の施設や寮のごみ約900キロの収集、運搬を委託した疑い。

 山下容疑者は1月の記者会見で「既に15年度の契約を進めていたため、市からは猶予をもらったと思った」と釈明していた。

 1月に同法違反容疑で逮捕された学校法人の事務方トップの法人事務部長でエンター社の北幸史社長(57)ら6人は、京都地検が処分保留で釈放。捜査を継続していた。

 同志社大広報課は「現在事実関係を確認中。事実であれば誠に遺憾」とのコメントを出した。〔共同〕

日本経済新聞 2016/2/18 13:58
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO97411220Y6A210C1CC0000/


同志社“ゴミ無許可収集”新たに3人逮捕

 同志社大学のゴミを無許可で収集したとして事務方のトップらが逮捕された事件で、新たに大学の幹部職員ら3人が逮捕された。警察は18日朝から、大学に2度目の家宅捜索に入っている。

 廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されたのは、同志社大学の施設部長・山下利彦容疑者(59)と、施設課長の阪田清容疑者(58)、施設係長の徐よし(肩の「月」が「口」)和容疑者(39)

 山下容疑者らは去年、無許可の業者に大学から出た紙などの一般廃棄物の収集と運搬を委託した疑いが持たれている。

 逮捕前の今月5日、山下容疑者は読売テレビの取材に対し、「警察と法令違反の認識について違いがある」と主張していた。

 山下容疑者「(Q無許可の業者という認識はあったのか)いつから認識したのかという話が(裁判で)争点になってくるので、言うことは難しい」


 警察は3人の認否を明らかにしていないが、18日朝から大学の理事長室などを家宅捜索していて、同志社の組織的な関与があったとみて捜査している。

日テレNEWS 2016年2月18日 14:14
http://www.news24.jp/articles/2016/02/18/07322723.html
ラベル:国籍
posted by ビオラ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック