2016年02月27日

無届けで韓国デリヘルを経営していた韓国籍の女が生活保護を不正受給

韓国デリヘルの経営で得た約3200万円の売り上げをを隠して、生活保護を不正受給した韓国籍のデリヘル経営の女(43)。


2016年2月、無届けで韓国デリヘルを営業したなどとして、京都府警が韓国籍のデリヘル経営者の女(43)を逮捕していた。

また、韓国籍のデリヘル経営者の女(43)は2014年(平成26年)12月頃、ゲストハウスを運営するため、他人名義で嵐山に数千万円の不動産を購入していたとみられる。


韓国籍の(43)は無届けで韓国デリヘルを経営し、生活保護を不正受給しながら、京都の嵐山に他人名義で数千万円の不動産購入。


逮捕されたのは
韓国籍の韓国デリバリーヘルス店経営、京都府京都市伏見区深草西浦町7丁目、白順子(ペクスンジャ)容疑者(43)。

京都新聞は韓国籍の女の名前も国籍も書いてない。


韓国籍の白順子(ペクスンジャ)容疑者(43)は「デリヘルで稼いだ金は借金の返済などに使い手元に残らず、収入とは思っていなかった」と供述。


2009年(平成21年)から、韓国籍の白順子容疑者(43)は韓国デリヘル店を経営。

2009年(平成21年)〜昨年の2015年12月までの約7年間で、韓国籍の白順子容疑者(43)は少なくとも約9000万円の売り上げ。


2010年(平成22年)2月、韓国籍の白順子容疑者(43)は営んでいた飲食店が経営不振などと京都市内福祉事務所に説明し、生活保護費を申請。

2014年(平成26年)12月ごろ、韓国籍の白順子容疑者(43)はゲストハウスを運営するため、他人名義で嵐山に数千万円の不動産を購入していたとみられる。

2010年(平成22年)2月〜今年の2016年1月まで、韓国籍の白順子容疑者(43)は生活保護費を計1900万円を受給。


昨年の2015年(平成27年)2月〜2015年(平成27年)12月、京都市内の福祉事務所から生活保護費約317万円をだまし取る。

この2015年(平成27年)2月〜12月の期間に、韓国籍の白順子容疑者(43)は韓国デリヘル店の経営で少なくとも約3200万円の売り上げがあったという。

2016年(平成28年)2月、韓国籍の白順子容疑者(43)は無届けでデリヘルを営業したなどとして、逮捕。


韓国籍の白順子容疑者(43)が京都府で韓国デリヘルを無届けで経営。

経営する飲食店が経営不振と言って生活保護を不正受給しながら、京都の嵐山で他人名義で数千万円の不動産を購入。

ゲストハウス運営と言いながら、不動産を購入して何をするつもりだよ。

日本で差別されてると訴える在日がやり放題。

こんな連中がどれだけ日本にのさばってるんだ。

生活保護費を不正受給 容疑で韓国籍の43歳女を逮捕 デリヘル経営 3千万円の売り上げ隠し 京都府警

 デリヘル店の経営で得た3千万円以上の売り上げを隠し、生活保護費数百万円を不正に受給したとして、京都府警は25日、詐欺の疑いで、京都市伏見区深草西浦町、韓国籍でデリヘル店経営の白順子(ペクスンジャ)容疑者(43)=風営法違反容疑で逮捕、処分保留で釈放=を再逮捕した。

 府警によると、容疑を一部否認しており、「デリヘルで稼いだ金は借金の返済などに使い手元に残らないので収入とは思っていなかった」と供述しているという。

 逮捕容疑は、デリヘル店の経営で得ている収入を隠し、平成27年2月〜同年12月、京都市内の福祉事務所から生活保護費約317万円をだまし取ったとしている。この期間にデリヘル店の経営で少なくとも約3200万円の売り上げがあったという。

 府警によると、平成22年2月、営んでいた飲食店が経営不振などと市内福祉事務所に説明し、生活保護費を申請。総額約1900万円を受給していたという。

 白容疑者は平成21年ごろから韓国デリヘル店を経営。約7年間で9千万円近くの収益を上げていたという。また、平成26年12月ごろ、ゲストハウスを運営するため、他人名義で嵐山に数千万円の不動産を購入していたとみられる。

産経新聞west 2016.2.25 18:57
http://www.sankei.com/west/news/160225/wst1602250070-n1.html


生活保護受けデリヘル経営 京都、詐欺容疑で女逮捕


 生活保護費を不正受給したとして、京都府警組対1課と伏見署などは25日、詐欺の疑いで、京都市伏見区深草西浦町7丁目、デリバリーヘルス経営の女(43)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年2〜12月、収入を隠し、生活保護費約310万円を京都市からだまし取った疑い


 府警によると、女は2009年からデリヘルを始め、昨年12月までに少なくとも約9千万円の売り上げがあった。一方、10年2月から今年1月まで生活保護費を計約1900万円受給していた。「稼いだ金は借金返済などで手元に残らず、収入と思っていなかった」と供述しているという。

 府警は4日、無届けでデリヘルを営業したなどとして、風営法違反容疑などで女を逮捕していた。

京都新聞 【 2016年02月26日 00時03分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20160226000001
ラベル:韓国 国籍
posted by ビオラ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック