2016年07月19日

秋田県横手市のフィリピンパブ経営者と従業員ら4人を逮捕

秋田県横手市のフィリピンパブ経営者が、無許可でフィリピン人の女性を働かせた入管難民法違反の疑いで4人を逮捕。

フィリピンパブの経営者と店長の2人は不法就労助長。

フィリピン人の従業員の女は無許可活動で逮捕。


逮捕されたのは
風俗営業店の代表、秋田県横手市横手町、高橋利巳容疑者(75)。

風俗営業店の店長、秋田県横手市朝倉町、佐藤眞琴容疑者(65)。

フィリピン国籍の従業員、横手市朝倉町、ギイレルモ・ラールニー・ママエド容疑者(24)。

フィリピン国籍の従業員、横手市朝倉町、アラゴーナ・アデリン・サラス容疑者(24)。

フィリピンパブ経営者とフィリピン人女性ら計4人。


24歳のフィリピン人の女2人はどういう在留資格なんだろう。

フィリピン人が働く店はどこにでもあるんだな。

パブ経営者ら4人逮捕 横手署など、入管法違反の疑い

 秋田県警横手署と仙台入国管理局などは14日までに、入管難民法違反の疑いで、横手市のパブ経営者フィリピン人女性ら4人を逮捕した。

 逮捕されたのは、横手市横手町、風俗営業店代表高橋利巳(75)、同市朝倉町、風俗営業店店長佐藤眞琴(65)の両容疑者以上不法就労助長=と、従業員でフィリピン国籍の横手市朝倉町、ギイレルモ・ラールニー・ママエド(24)、同所、アラゴーナ・アデリン・サラス(24)の両容疑者以上無許可活動

秋田魁新報 2016年7月15日 掲載
http://www.sakigake.jp/news/article/20160715AK0002/

posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック