2016年08月07日

出会い系サイトを使い、中国人向け新聞に広告掲載して39都府県の中国人の女に売春をさせた沖縄の中国人

自分が管理するインターネットの出会い系サイトで客を勧誘し、中国籍の女性約200人を管理して、売春を斡旋した沖縄県那覇市に住む中国籍の女(39)。


2016年7月15日ブログ記事、ネットの出会い系サイトで客を募り、中国人の女約200人を管理して39都道府県で売春を斡旋した中国人の女の続報。

7月12日、沖縄県那覇市に住む中国籍の女(39)が逮捕されたが、処分保留となった。

この沖縄県那覇市に住む中国籍の女(39)を再逮捕。

2010年以降、39都府県在住の中国人の女性約200人を管理し、1億円以上を売り上げ。


2015年6月、中国籍の無職で住居不定の女性(34)と不特定の客を相手に売春し、売り上げを分配する契約を結んだ沖縄県那覇市に住む中国籍の女(39)。


逮捕されたのは
中国籍の無職、沖縄県那覇市真嘉比、李梁容疑者(40)。


無職の中国人の女は自ら出会い系サイトを管理。

在日中国人向けの新聞で募集広告を掲載。

管理していた中国人の女200人は逮捕しているのか。

<出会い系>売春契約の疑い 中国の女再逮捕

 インターネットの出会い系サイトを使った売春あっせん事件で、宮城、沖縄両県警は3日、売春防止法違反(売春をさせる契約)の疑いで、那覇市、中国籍の無職李梁容疑者(40)を再逮捕した。

 逮捕容疑は2015年6月、住居不定で中国籍の無職女性(34)と不特定の客を相手に売春し、売り上げを分配する契約を結んだ疑い。

 宮城県警によると、李容疑者中国人向け新聞に売春婦募集の広告を掲載するなどして女性を集めた。県警は10年以降、39都府県在住の中国人女性約200人を管理し、1億円以上を売り上げたとみている。

 李容疑者7月12日に同法違反(周旋)の疑いで逮捕され、3日に処分保留となった。

河北新報 2016年08月04日木曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201608/20160804_13037.html

posted by ビオラ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 風俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440811048
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック