2016年09月27日

フィリピン国籍の妻が飲食店で働き収入があるのに、生活保護受給を手伝った福島県会津若松市の市議

フィリピン国籍の妻(46)が飲食店に勤務をして収入があるのを知りながら、2年半近くにわたって生活保護費約634万円を不正受給させた福島県会津若松市の市議会議員。

2016年7月13日ブログ記事、福島県会津若松市議のフィリピン国籍の妻が収入を隠し、生活保護費630万円を不正受給の続報。


2011年9月〜2014年2月、フィリピン国籍の妻(46)が飲食店に勤務して一定の収入を得ていたのに、収入がないように装って、生活保護費約634万円を不正受給。

2016年7月、生活保護費を不正受給していたフィリピン国籍で妻の飲食店従業員のサトウ・ロイデス・ズニェガ容疑者(46)は逮捕。


2016年9月26日、フィリピン国籍の妻(46)の初公判の予定。福島県会津若松市の市議会議員(55)は自ら出頭し、逮捕。

福島県会津若松市の市議会議員(55)は日本語をほとんど書くことができないフィリピン国籍の妻に代わって、生活保護費の手続きに必要な書類に嘘の内容を記入した疑い。


逮捕されたのは
福島県会津若松市の市議会議員、佐藤勉容疑者(55)。


会津若松市市議会議員の佐藤勉容疑者(55)は「妻が生活保護費を受給していたことは知っていたものの、正当な手続きによるものだと認識していた」、「今は何も言えない」などと供述。


外国人に生活保護は必要ないよ。

フィリピン国籍の妻は飲食店に勤務してるんだから、それなりに収入はあるはず。

生活保護費詐取容疑、会津若松市議を逮捕 妻と共謀

 妻と共謀して生活保護費をだまし取ったとして、福島県警は26日、福島県会津若松市の市議会議員、佐藤勉容疑者(55)を詐欺容疑で逮捕した。

 会津若松署などによると、佐藤容疑者2011年9月〜14年2月、妻でフィリピン国籍の飲食店従業員、サトウ・ロイデス・ズニェガ被告(46)=詐欺罪で起訴=に一定以上の収入があることを知りながら、生活保護の申請書の代筆をするなどして会津若松市から生活保護費約634万円をだまし取った疑いが持たれている。

 佐藤容疑者は26日朝、自ら車を運転し会津若松署に出頭した。この日は、妻のズニェガ被告の初公判が予定されていた。

朝日新聞 2016年9月26日12時06分
http://www.asahi.com/articles/ASJ9V3HGBJ9VUGTB002.html


生活保護費不正受給の疑い 福島・会津若松市議を逮捕

 福島県会津若松市の市議会議員が、妻に生活保護費の受給資格があるように見せかけて630万円余りを不正に受け取った疑いがあるとして、26日、詐欺の疑いで警察に逮捕されました。警察によりますと、調べに対して「今は何も言えない」と供述しているということです。

 逮捕されたのは、会津若松市の市議会議員、佐藤勉容疑者(55)です。

 警察によりますと、佐藤議員は、妻で、フィリピン国籍のサトウ・ロイデス・ズニェガ被告(46)飲食店に勤務して賃金を得ていたのに収入がないように装って、おととし4月までの2年半近くにわたって、生活保護費634万円余りを不正に受給したとして、詐欺の疑いが持たれています。

 妻のサトウ被告生活保護費を不正に受け取っていたとして先月までに逮捕・起訴されています。

 警察によりますと、佐藤議員は、日本語をほとんど書くことができない妻に代わって、生活保護費の手続きに必要な書類にうその内容を記入した疑いがあるということです。

 警察によりますと、調べに対して「今は何も言えない」と供述しているということです。

 警察は詳しいいきさつについて調べを進めることにしています。

NHK 9月26日 12時12分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160926/k10010706931000.html


市議が生活保護費不正受給で逮捕 会津若松

 妻と共謀し、生活保護費を不正に受給したとして、福島県会津若松市の市議会議員の男が逮捕された。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、会津若松市の市議会議員、佐藤勉容疑者(55)。警察によると、佐藤容疑者は、妻でフィリピン国籍のサトウ・ロイデス・ズ二ェガ被告(46)共謀し、妻が飲食店で働き収入があることを知りながら生活保護費約634万円を不正に受給した疑い。7月に妻が逮捕された際佐藤容疑者は「合法的な手続きをしている」などと話していた。

 警察は、佐藤容疑者が生活保護費の申請方法などを妻に教えていた可能性があるとみて、詳しい経緯を調べている。

日テレNEWS 2016年9月26日 20:54
http://www.news24.jp/articles/2016/09/26/07342018.html


会津若松市議を逮捕、妻と共謀し生活保護費詐取の疑い


 福島県会津若松市の市議会議員の男が、自分の妻と共謀して生活保護費600万円あまりをだまし取った疑いで逮捕されました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、会津若松市議会議員の佐藤勉容疑者(55)です。佐藤容疑者は、すでに起訴されているフィリピン国籍の妻共謀し、妻が飲食店で働いて収入を得ていたにもかかわらず、それを市に届けず、生活保護費およそ630万円をだまし取った疑いが持たれています。

 佐藤容疑者はJNNの取材に対して、「妻が生活保護費を受給していたことは知っていたものの、正当な手続きによるものだと認識していた」と話していました。

TBS (26日13:47)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2877392_ie9.html

ラベル:国籍 フィリピン
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック