2017年01月15日

中国人留学生をホステスとして働かせた文京区湯島のキャバクラ「Pub風鈴」の中国人店長ら

東京都文京区湯島のキャバクラ「Pub風鈴」の中国人店長の女(36)らが中国人の留学生ら女2人を不法にホステスとして働かせ、摘発。


昨年の2016年10月から3か月間、東京都文京区湯島のキャバクラ「Pub風鈴」で、就労資格のない中国人の留学生ら女2人をホステスとして、違法に働かせた中国人店長の女(36)ら。

「Pub風鈴」は1時間5000円、ホステスの飲み物が1杯3000円の料金設定。

中国人の女(36)が店長になった7年前の2009年から、これまでに約7800万円を売り上げていた。


逮捕されたのは
中国籍のキャバクラ「Pub風鈴」(東京都文京区湯島)の店長、張頴容疑者(36)。

「Pub風鈴」(東京都文京区湯島)の従業員、冨張侑加容疑者(29)。

中国籍の留学生、李雪容疑者(25)。

「Pub風鈴」の中国人店長の女ら2人と中国籍の留学生2人の計4人。


中国籍で店長の張頴容疑者(36)は「李容疑者ら2人は従業員ではない」などと容疑を否認。


動画を見ると、東京都文京区湯島の「Pub風鈴」は小さな店のよう。

中国人の女が店長をしている店に飲みに行くのはどういう人なのだろうかと思う。

どれだけ摘発されてるか、知らないのだろうか。

中国人を違法に働かせた疑い、キャバクラ店長ら逮捕

 東京・湯島のキャバクラ店で中国籍の従業員2人をホステスとして違法に働かせたとして、店長の女らが警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは文京区湯島のキャバクラ「Pub風鈴」の店長で中国籍の張頴容疑者(36)ら2人で、中国籍の従業員2人を在留資格では認められていないホステスとして違法に働かせた疑いが持たれています。また、留学生の李雪容疑者(25)ら従業員の女2人も逮捕されました。

 この店は、1時間5000円、ホステスの飲み物が1杯3000円の料金設定で、これまでに8000万円近くを売り上げていたということです。

 取り調べに対し、張容疑者は「李容疑者らは従業員ではない」などと容疑を否認しています。

TBS (13日20:09)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2959452_ie9.html


就労資格ないのに働かせ…パブ経営者逮捕

 東京・文京区でパブを経営する中国人の女らが逮捕された。

 警視庁によると、入管難民法違反の疑いで逮捕された文京区湯島の「Pub風鈴」の店長・張頴容疑者(36)ら2人は、去年10月から3か月間、就労資格のない中国人の女2人を違法に働かせた疑いが持たれている。パブで働いていた従業員の女2人も逮捕された。

 調べに対し、張容疑者は「2人は従業員ではない」などと容疑を否認しているという。警視庁は、店が2009年からこれまでに約7800万円を売り上げたとみて調べている。

日テレNEWS 2017年1月13日 18:35
http://www.news24.jp/articles/2017/01/13/07351449.html


中国人留学生をホステスに 飲食店店長ら逮捕 東京・文京区

 中国人留学生をホステスとして働かせていた、東京・文京区の飲食店が摘発され、店長ら女ら4人が逮捕された。

 文京区湯島の飲食店店長で、中国人の張頴容疑者(36)と、従業員の冨張侑加容疑者(29)らは、中国からの留学生らを、ホステスとして店で不法に働かせていた疑いが持たれている。

 張容疑者が店長になった7年前から、この飲食店は、およそ7,800万円を売り上げていたとみられ、調べに対して張容疑者らは、容疑を否認しているという。

FNNニュース 01/14 16:29
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00346988.html
ラベル:在留資格 中国
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック