2017年03月26日

不正入手したクレジットカード情報で、旅行サイトに宿泊予約をしていたアメリカ人を再逮捕

不正入手したクレジットカード情報で他人に成りすまし、大手旅行サイト「楽天トラベル」で予約をして、高級ホテルの宿泊代金を免れていたアメリカ人の男を再逮捕。


不正入手した他人名義のクレジットカードを使い、旅行予約サイト「楽天トラベル」で高級ホテルや航空券予約を繰り返していたアメリカ国籍の男と妻、プロゴルファーの男女3人。

2017年3月7日ブログ記事、他人名義のクレジットカードを使い、旅行サイトでホテルを予約したアメリカ人とプロゴルファーら3人の続報。


不正入手したクレジットカード情報で他人に成りすまし、大手旅行サイト「楽天トラベル」を通じて予約をして、高級ホテルの宿泊代金を免れていたアメリカ人の男(36)を再逮捕。

この手口を使うと、支払いが成りすました他人に請求され、元手がかからない。

押収したパソコンの分析などから、200人以上のクレジットカード情報が悪用されたとみられる。


インターネットの掲示板に「格安」なとど宣伝して、集めた客に対し、不正に予約した高級ホテルや航空券を次々と売りさばき、違法な利益を得ていたとみている。


再逮捕されたのは
アメリカ国籍の職業不詳、神奈川県横浜市磯子区、ティモー・ディカ・ワー容疑者(36)。


ティモー・ディカ・ワー容疑者(36)は容疑を否認。


逮捕されたのは妻やプロゴルファーを含めた男女3人だったけど、アメリカ国籍の男だけ再逮捕だったのかな。

アメリカ国籍の男が不正入手したクレジットカードを悪用する手口で逮捕されるのは珍しい気がする。

アメリカ国籍の男の職業は何だったのだろう。

他人のカード情報で宿泊代詐欺の疑い 米国籍の男再逮捕

 不正に入手したクレジットカード情報で他人になりすまし高級ホテルの宿泊代金を免れていたとしてアメリカ国籍の男が再逮捕され、警視庁は、200人以上のカード情報を悪用し、違法な利益を得ていたとみて調べています。

 男は、容疑を否認しているということです。

 警視庁によりますと、再逮捕された横浜市磯子区に住むアメリカ国籍のティモー・ディカ・ワー容疑者(36)は、不正に入手したクレジットカード情報で他人になりすまし、大手旅行サイト「楽天トラベル」を通じて予約した高級ホテルの宿泊代金、あわせて38万円あまりの支払いを免れた電子計算機使用詐欺の疑いがもたれています。

 この手口を使うと、支払いがなりすました他人に請求され元手がかからないため、警視庁は、インターネットの掲示板に「格安」なとど宣伝して集めた客に対し、不正に予約した高級ホテルや航空券を次々と売りさばき違法な利益を得ていたとみています。

 また、押収したパソコンの分析などから200人以上のカード情報が悪用されたとみられています。

 警視庁の調べに対してワー容疑者は容疑を否認しているということです。

NHk 3月25日 7時34分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170325/k10010923861000.html
ラベル:アメリカ 国籍
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック