2017年04月01日

留学ビザで入国後、不法残留していた佐賀県鳥栖市の中国人アルバイト

2017年3月28日、佐賀県鳥栖市の中国籍のアルバイト従業員(25)を入管難民法違反(不法残留)で、現行犯逮捕。


2010年4月10日に、中国籍のアルバイト従業員(25)は留学ビザで入国。

留学ビザで入国、中国籍のアルバイト従業員(25)は佐賀県内の日本語学校に通った。

在留期間の2016年7月11日を超えて滞在した疑い。

逮捕されたのは
中国籍のアルバイト従業員、佐賀県鳥栖市、中国籍の容疑者(25)。


佐賀県はサッカーチームがあるし、韓国人が多いイメージなんだけど、中国人もいるのか。

中国籍のアルバイト従業員(25)は不法残留でどんなアルバイトしていたのだろう。

鳥栖署と県警、不法残留容疑の中国人を逮捕

鳥栖署と県警警備1課は28日、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、鳥栖市、中国国籍のアルバイト従業員の容疑者(25)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は2010年4月10日に入国後、在留期間の2016年7月11日を超えて滞在した疑い。

 同署によると、容疑者は留学ビザで入国後、県内の日本語学校に通った。

佐賀新聞 2017年03月29日 09時32分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10102/417512
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 在留資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448650507
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック