2017年04月12日

福井市のコンビニで偽造クレジットカードを使い、タバコを購入した自称音楽プロデューサーの中国人

台湾人の男3人が偽造「銀聯(ぎんれん)カード」で、東京都内の銀行ATMから現金を引き出した事件で思い出した。

福井県福井市内のコンビニで、別の男と共謀し、偽造クレジットカードを使い、たばこ14カートン(計約6万2000円相当)を購入した自称音楽プロデューサーの中国人の男(33)。

自称音楽プロデューサーの中国人の男(33)の住所は東京都豊島区。


昨年の2016年6月7日、別の男と共謀し、福井県福井市のコンビニで偽造クレジットカードを使い、たばこ14カートン(計約6万2000円相当)をだまし取ろうとした。

クレジットカードの読み取りができず、不審に思った店員が110番。

6月7日に、別の男を福井署が逮捕。

捜査の過程で、自称音楽プロデューサーの中国人の男(33)が浮上。


逮捕されたのは
中国籍の自称音楽プロデューサー、東京都豊島区、生志恒容疑者(33)。


中国籍の生志恒容疑者(33)は「知らない」と容疑を否認。


中国人は日本製のタバコが好きなのだそう。

少し前にも、他人のクレジットカード情報を登録したスマホの「おサイフケータイ」機能を使い、埼玉県川口市のコンビニで、700回以上の電子決済を繰り返し、約12時間でたばこ3100カートン(約1500万円相当)を注文した中国人の男3人が逮捕。

2017年4月3日ブログ時事、他人のカード情報を登録したスマホの「おサイフケータイ」機能を使ってたばこ3100カートンを騙し取った中国人3人。

コンビニやドラッグストア、スーパーなどで働いてる人は気をつけて。

詐欺未遂容疑で自称音楽プロデューサーの男逮捕 福井県警

 福井県警は4日、偽造クレジットカードを使ってたばこを購入しようとしたとして、詐欺未遂などの疑いで、中国籍の自称音楽プロデューサー、生志恒容疑者(33)=東京都豊島区=を逮捕した。生容疑者は「知らない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年6月7日別の男共謀し福井市のコンビニで偽造カードを使い、たばこ14カートン(計約6万2千円相当)をだまし取ろうとしたとしている。

 県警によると、カードの読み取りができず不審に思った店員が110番した。福井署が同日にを逮捕し、捜査の過程で生容疑者が浮上した。

産経新聞west 2017.4.4 19:12
http://www.sankei.com/west/news/170404/wst1704040078-n1.html
ラベル:中国 国籍
posted by ビオラ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック