2017年04月24日

他人名義のキャッシュカードで、東京都調布市の銀行ATMから現金約50万円を不正に引き出した中国人

他人名義のキャッシュカードで、銀行のATMから不正に現金を繰り返し引き出した中国人の無職男(32)。

中国人の無職男(32)の所持品は、暗証番号が書かれた他人名義のキャッシュカードが33枚。


2017年3月30日、不正入手した他人名義のキャッシュカードを使って、東京都調布市にある銀行ATMから現金48万9000円を引き出し、盗んだ中国人の無職の男(32)。

中国人の無職の男(32)の所持品は、暗証番号が書かれた他人名義のキャッシュカードを33枚。

中国人の無職の男(32)は裏バイトの掲示板を見て、不正引き出し役を引き受けた。

指示役から連絡を受け、他人名義のキャッシュカードを使って現金を引き出しており、仲間の顔を見たことはなく、遠隔で指示を受けていた。


中国人の無職の男(32)が裏バイトの仲間と共に、不正引き出しを繰り返す。

背後に組織的な犯行グループがあるとみて、実態の解明を進める。


逮捕されたのは
中国籍の無職、神奈川県相模原市、高橋清太郎こと孫軼群容疑者(32)。

中国籍の男。


中国籍の孫軼群容疑者(32)は「生活が苦しくて、スマホで裏バイトの仕事を探した」と容疑を認める。


神奈川県相模原市に住む孫軼群容疑者(32)は通名があるようなので、ニューカーマーの中国人ではないのか。

古くから日本にいる中国人や中国残留孤児の親族とかなのだろうか。

生活苦なら、物価が安い祖国に帰国すればいい。

他人名義のカードで現金引き出し、窃盗容疑で中国籍の男逮捕

 他人名義のキャッシュカードを使って銀行のATMから現金を引き出し盗んだとして、中国籍の男が警視庁に逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは相模原市に住む中国籍の高橋清太郎こと孫軼群容疑者(32)です。孫容疑者は先月30日、不正に入手した他人名義のキャッシュカードを使って東京・調布市にある銀行のATMから現金48万9000円を引き出し、盗んだ疑いがもたれています。

 取り調べに対し孫容疑者は「生活が苦しくて裏バイトの掲示板を見て探した」と容疑を認めているということです。警視庁によりますと、孫容疑者の所持品からは他人名義のキャッシュカード33枚が見つかっていて指示役から連絡を受け、これらのカードを使って現金を引き出していたということです。

 警視庁は背後に組織的な犯行グループがあるとみて実態の解明を進めています。

TBS  4月21日19時28分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3035397.html


ATM不正 逮捕の中国人「生活苦しくて」

 他人のキャッシュカードで現金の不正引き出しを繰り返していたとみられる中国人の男が逮捕された。男は「闇サイト」を通じて、遠隔で指示を受けていたという。

 警視庁によると、逮捕された中国人で無職の孫軼群容疑者(32)は、先月、東京・調布市の銀行ATMで、他人名義のキャッシュカードを使い、約50万円を不正に引き出した疑いがもたれている。

 孫容疑者は、闇サイトの掲示板をみて不正引き出し役を引き受けたが、仲間の顔を見たことはなく、遠隔で指示を受けていたという。調べに対し、「生活が苦しくて、スマホで裏バイトの仕事を探した」と容疑を認めているという。

 孫容疑者は、暗証番号が書かれた他人のカードを33枚持っていたということで、警視庁は、闇サイトで知り合った仲間とともに不正引き出しを繰り返していたとみて調べている。

日テレNEWS 2017年4月21日 23:39
http://www.news24.jp/articles/2017/04/21/07359638.html
ラベル:通名 国籍 中国
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック