2017年05月07日

中国で偽造された聖徳太子が描かれた旧一万円札の偽札約180枚を輸入した兵庫県神戸市の中国人を起訴

中国で偽造された聖徳太子が描かれた旧「一万円札」の偽札約180枚を輸入した兵庫県神戸市の中国人の男(64)を起訴。

兵庫県神戸市の中国人の男(64)は指名手配され、今年の2017年4月に関西国際空港に到着したところを逮捕。

兵庫県神戸市の中国人の男(64)の職業は金融業だった。


2015年1月18日ブログ記事、中国から旧1万円札の偽札を輸入した男2人。

2017年4月14日ブログ記事、偽の旧一万円札を日本人の男2人に売り、中国から偽一万円札約100枚を密輸させた中国人。

これらの記事の続報。


2013年(平成25年)6月、中国で偽造された旧「一万円札」約180枚を、日本人の男2人に中国元4万元(当時約60万円相当)で譲り渡す。

2015年(平成27年)1月、偽造された聖徳太子の旧「1万円札」を中国で入手し、上海から中部国際空港に輸入した一般社団法人「日中歴史交流協会」(愛知県豊橋市)代表理事と理事の日本人2人は逮捕される。

中国人の男(64)から受け取った偽札を国内へ持ち込んだ日本人の男2人は実刑確定。

聖徳太子の旧「1万円札」の偽札を渡した中国人の男(64)は指名手配。


今年の2017年4月13日、指名手配していた中国人の男(64)が、中国から関西国際空港に到着したところを逮捕。

2017年5月2日、兵庫県神戸市の中国人の男(64)を偽造通貨輸入罪で起訴。


逮捕・起訴されたのは
中国籍の金融業、兵庫県神戸市中央区、周維毅(しゅう・いき)容疑者(64)。


大阪地検は中国籍の周維毅容疑者(64)の認否を明らかにしていない。


今年の4月に逮捕されたとき、中国人の周維毅容疑者(64)は住所不詳、自称自営業だった。

前の報道が不自然だと思ったら、指名手配された中国人は兵庫県神戸市の金融業。

金融業の中国人が、一般社団法人「日中歴史交流協会」(愛知県豊橋市)の日本人の男2人に偽札を密輸させてるんだ。

こういうニュースは大きくは報道されないのだろう。

中国籍の男、偽「旧一万円札」180枚輸入の罪で起訴 大阪地検

 聖徳太子が描かれた旧一万円札の偽札を輸入したとして、大阪地検は2日、偽造通貨輸入罪で、中国籍で神戸市中央区の金融業、周維毅(しゅう・いき)容疑者(64)を起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、周被告平成25年6月、中国で偽造された旧一万円札約180枚を、日本人の男に中国元4万元(当時約60万円相当)で譲り渡したとされる。

 大阪府警は27年1月、周被告から受け取った偽札を国内へ持ち込んだとして、日本人の男2人=いずれも同罪などで実刑確定=を逮捕。指名手配していた周被告今年4月、関西国際空港に到着したところを逮捕した。

産経新聞west 2017.5.2 20:29更新
http://www.sankei.com/west/news/170502/wst1705020065-n1.html

.
タグ:中国 国籍
posted by ビオラ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449656039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック