2017年05月17日

東京の百貨店で高級ブランドのバッグなどを購入するため偽造クレジットカードを所持したマレーシア人

東京・銀座や日本橋の都内の有名百貨店などで、バッグなどの高級ブランド品を買うため、偽造クレジットーカードを所持していたマレーシア国籍の20代〜30代の男女12人。

日本人やマレーシア人のクレジットカード情報が入力された偽造クレジットカードを所持し、多くはブランド品の高級バッグなどを購入していた。

偽造クレジットカードの不正使用額は計約4800万円に上る。

多くはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で発信された求人に応募して、マレーシアから来日。

2017年3月3日
ブログ記事、マレーシアから偽造クレジットカード42枚を関西国際空港に密輸したマレーシア人の男と関係がありそうな事件。


昨年の2016年11月〜今年の2017年5月、東京都新宿区や銀座や日本橋などの都内各百貨店で、日本人やマレーシア人のクレジットカード情報が入力された偽造クレジットカードを使い、マレーシア国籍の男女12人が計4800万円相当の商品を騙し取る。

マレーシア国籍の男女12人のうち一部は、店舗から商品をだまし取ったとして、詐欺容疑で再逮捕。


被害は全国に広がり、合計で1億円相当に上る可能性がある。

背景に大規模な国際的犯罪組織があるとみて捜査。


逮捕されたのは
マレーシア国籍の20〜30歳代の男女12人。


日本人とマレーシア人のクレジットカード情報を持った組織が偽造クレジットカードを作成して、マレーシア人が偽造カードを日本で使用。

高級ブランド品は換金しやすいからだろう。

カード情報はサイバー攻撃やハッキングでもしてるのかな。

マレーシアは北朝鮮との関係はどうなってるのだろう。

SNS求人のマレーシア人来日、偽カードで買物

 東京・銀座の百貨店などで、高級ブランド品を購入する目的で偽造クレジットカードを所持していたとして、警視庁がマレーシア国籍の男女十数人を詐欺や不正電磁的記録カード所持容疑などで逮捕していたことがわかった。

 多くはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で発信された求人に応募してマレーシアから来日しており、カードの不正使用額は計約4800万円に上るという。

 捜査関係者によると、男女はいずれも20〜30歳代。昨年11月〜今年5月、銀座や新宿の百貨店などで、日本人やマレーシア人のクレジットカード情報が入力された偽造カードを所持するなどした疑い。多くはブランド品の高級バッグなどを購入していたという。

読売新聞 2017年05月16日 08時55分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170516-OYT1T50014.html


偽造カードでブランド品 マレーシア国籍の男女12人逮捕

 東京・日本橋などの百貨店でバッグなどの高級ブランド品を買うため、偽造クレジットカードを持っていたとして、警視庁が昨年11月〜今年5月、不正電磁的記録カード所持の疑いで、マレーシア国籍の20〜30代の男女12人を逮捕していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった

 同様の偽造カードは、日本橋のほか都内各百貨店で使われ計4800万円相当の商品が詐取されるなどした。被害は全国に広がり、合計で1億円相当に上る可能性がある。

 警視庁は、背景に大規模な国際的犯罪組織があるとみて捜査。12人のうち一部は、店舗から商品をだまし取ったとして、詐欺容疑で再逮捕している。

共同通信 47NEWS 2017/5/16 02:04
https://this.kiji.is/236896101888589833?c=39546741839462401
ラベル:マレーシア 国籍
posted by ビオラ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック