2017年05月18日

マレーシアから偽造クレジットカードを北海道の新千歳空港に密輸したマレーシア人の2人

昨日の2017年5月17日ブログ、東京の百貨店で高級ブランドのバッグなどを購入するため偽造クレジットカードを所持したマレーシア人。

2017年3月3日
ブログ記事、マレーシアから偽造クレジットカード42枚を関西国際空港に密輸したマレーシア人の男。

昨日の2017年5月17日と3月3日のブログに続き、マレーシア人と偽造クレジットカードの事件。


先月の2017年4月12日の記事。

2017年3月17日と3月18日、マレーシアから偽造クレジットカードを財布などに隠して密輸したマレーシア人の男2人。

日本国内では2月以降に、関西国際、成田空港などで同様の摘発が相次ぎ、函館税関千歳税関支署が警戒を強めていた。

偽造クレジットカードの密輸による関税法の適用は北海道内初。


北海道ニュースUHBのキャッシュ(2017年4月11日19:35)によると、マレーシア人の男2人は「カードを使ってブランド品を持ち帰り、報酬をもらえることになっていた」と話す。


逮捕されたのは
マレーシア国籍の自称自営業、ヤップ・シー・ロン容疑者(40)。

マレーシア国籍の自称会社員、コー・チョン・ホア容疑者(36)。

マレーシア国籍の男2人。


マレーシア国籍の男2人は容疑を否認していたが、現在は「金に困り運び屋を引き受けた」などとおおむね認める。


この後にも、北海道の新千歳空港に偽造クレジットカードを密輸入したマレーシア人2人が逮捕されてる。

偽造クレジットカードの名義はどこの国の人なのだろう。


偽造カード密輸未遂 マレーシア人2人逮捕−千歳署・税関支署


 偽造クレジットカードを新千歳空港に密輸入しようとしたとして、函館税関千歳税関支署と合同で捜査した千歳署は11日、マレーシア国籍の自称自営業ヤップ・シー・ロン容疑者(40)同国籍の自称会社員コー・チョン・ホア容疑者(36)を関税法違反(偽造クレジットカード密輸入未遂)などの疑いで3月23日までに逮捕、送検したと発表した。2人は11日までに起訴された。

 同署などによると、両容疑者3月17、18日にマレーシアから偽造クレジットカード各54枚、51枚をスーツケースに入れて密輸入を試みた疑い。当初2人は容疑を否認していたが、現在は「金に困り運び屋を引き受けた」などとおおむね認めているという。

 国内では2月以降に関西国際、成田空港などで同様の摘発が相次ぎ、同支署が警戒を強めていた。偽造クレジットカードの密輸による関税法の適用は道内初。

苫小牧民報社 (2017年 4/12)
http://www.tomamin.co.jp/20170449492
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450018268
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック