2017年08月07日

就労資格がない韓国人とフィリピン人の女をホステスとして働かせた韓国ラウンジの韓国人経営者

これも2017年7月の記事。


経営する大阪府大阪市淀川区西中島の韓国ラウンジ「アモーレ・ミオ」で、就労資格がない韓国人とフィリピン人の女2人をホステスとして働かせた韓国籍の経営者の女(48)。

別事件の捜査で、韓国ラウンジ「アモーレ・ミオ」の韓国籍の経営者の女(48)が従業員を不法就労させていた疑いが浮上。


2017年7月10日の夜、大阪市淀川区西中島の韓国ラウンジ「アモーレ・ミオ」を家宅捜索。

2017年7月11日、韓国ラウンジ「アモーレ・ミオ」で、就労資格がない韓国人の女(21)とフィリピン人の女(25)の2人をホステスとして働かせた韓国籍の経営者の女(48)を逮捕。

ホステスとして勤務していた韓国人の女(21)とフィリピン人の女(25)の女2人も逮捕。


逮捕されたのは
韓国籍の韓国ラウンジ「アモーレ・ミオ」(大阪市淀川区西中島)経営、大阪府大阪市淀川区木川東、菅こと徐美玉(ソ・ミオ)容疑者(48)。

韓国籍のホステス、大阪市淀川区東淀川区東中島、全世榮(ジョン・セヨン)(21)。、

フィリピン国籍のホステス、大阪市淀川区西中島、クルーズ・ダイアナ・マリ・バウティスタ容疑者(25)。

韓国籍とフィリピン国籍の女3人。


韓国ラウンジ「アモーレ・ミオ」経営者の通名は関西テレビ(2017年7月11日 12時02分更新)のキャッシュから。

韓国ラウンジや韓国クラブに行くのはどういう人達で、何が楽しいのだろう。

夜の飲食店は必要だと思うけど、外国人クラブがぼったくりに悪用されてる。

認可をするほうもどうかと思う。

韓国ラウンジ経営48歳女逮捕 不法就労のホステス雇用 大阪・西中島

 経営するラウンジで就労資格を持たない外国人をホステスとして働かせたとして、大阪府警東淀川署は11日、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、大阪市淀川区西中島の韓国ラウンジ「アモーレ・ミオ」経営の韓国籍、徐美玉(ソ・ミオ)容疑者(48)=同区木川東=を逮捕した。

 逮捕容疑は、同店で就労資格がない外国人の女2人を働かせたとしている。同署は同法違反(不法就労)容疑で、ホステスとして勤務していた韓国籍の全世榮(ジョン・セヨン)(21)=同市東淀川区東中島=と、フィリピン籍のクルーズ・ダイアナ・マリ・バウティスタ(25)=同市淀川区西中島=の両容疑者も逮捕した。

 別事件の捜査で、徐容疑者が従業員を不法就労させていた疑いが浮上。同署などが10日夜、店を家宅捜索していた。

産経新聞west 2017.7.11 14:04
http://www.sankei.com/west/news/170711/wst1707110065-n1.html
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | 在留資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。