2015年10月28日

大リーグやプロ野球の野球賭博の胴元をしていたダルビッシュ有の実弟と韓国籍の男らを逮捕

日本のプロ野球やアメリカの大リーグの公式戦を対象に野球賭博をしていた胴元の男3人と客の男女5人を逮捕。

賭博を仕切る胴元役は3人で、胴元の1人にアメリカの大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手の実弟。

昨年の2014年9月末、ダルビッシュ有投手の実弟が野球賭博を行っていると情報提供を受けて捜査を開始。

少なくとも昨シーズンから賭博を開いていたとみている。


逮捕されたのは
レンジャーズのダルビッシュ有投手の実弟で人材派遣業、大阪府藤井寺市沢田1丁目、ダルビッシュセファット・ファルボッド翔容疑者(26)。

韓国籍の無職、大阪府大阪市生野区巽中3丁目、谷川尚哉こと宋尚哉容疑者(29)。

鉄筋工、石川県白山市宮永市町、田中凌容疑者(23)。


胴元役の男3人と客の20〜30代の男女5人。

逮捕された計8人は地元の知人関係。


今年の2015年5月12日〜18日、日本のプロ野球28試合と、レンジャーズの1試合を含む米大リーグ16試合の公式戦計44試合を対象に、1口1万円で客16人から計1854口の申し込みを受けて賭博を開いた。

ダルビッシュ有投手の実弟のダルビッシュセファット・ファルボッド翔容疑者(26)は韓国籍の宋尚哉容疑者(29)が開いていた野球賭博に客として計約1900口を賭けた。

胴元は賭け金の1割の手数料を得ていた。



ダルビッシュ投手の弟、野球賭博容疑で逮捕 大阪府警


 客に野球賭博をさせたとして、大阪府警捜査4課は27日までに、賭博開帳図利などの疑いで、自営業ダルビッシュ翔容疑者(26)=大阪府藤井寺市沢田=ら8人を逮捕した。米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手の実弟。

 翔容疑者の逮捕容疑は、5月12〜18日に開催された米大リーグと日本のプロ野球の試合をめぐり、客から1口1万円、計約1850口の申し込みを受けたほか、自らも野球賭博をした疑い。

 捜査4課は8人の認否を明らかにしていない。

産経新聞west 2015.10.27 15:42
http://www.sankei.com/west/news/151027/wst1510270055-n1.html


ダルビッシュ弟は「野球賭博胴元の1人」 プロ野球、米大リーグ対象に1口1万円

 プロ野球や米大リーグの公式戦を対象に野球賭博をしたとして、大阪府警捜査4課は27日、賭博開帳図利などの疑いで、人材派遣業、ダルビッシュ翔容疑者(26)=大阪府藤井寺市沢田=無職の韓国籍、宋尚哉容疑者(29)=大阪市生野区巽中=ら胴元の男3人を逮捕したと発表した。翔容疑者は米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手の弟。

 翔容疑者の逮捕容疑は、共謀して5月12〜18日、プロ野球28試合と米大リーグ16試合の勝敗について1口1万円で賭ける賭博場を開き、客16人から計約1850口を集めたほか、宋容疑者が開いていた野球賭博に客として計約1900口を賭けたとしている。

 ほかにも常習賭博などの疑いで客の20〜30代の男女5人が逮捕された。

 捜査4課によると、昨年9月ごろに翔容疑者らが野球賭博を行っているとの情報が入り、捜査していた。翔容疑者らは知人を中心に客を募り、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で賭けのハンデを伝えたり、申し込みを受け付けたりしていたという。少なくとも賭け金の1割が胴元の収入になっていたとみられ、府警が詳しい金の流れや実態を調べている。

産経新聞west 2015.10.27 16:14
http://www.sankei.com/west/news/151027/wst1510270058-n1.html


ダルビッシュ投手の弟ら逮捕=米大リーグなどで賭博容疑−大阪府警

 米大リーグやプロ野球公式戦で賭博をしたとして、大阪府警捜査4課などは27日までに、賭博開帳図利容疑などで、レンジャーズ・ダルビッシュ有投手の弟自営業ダルビッシュ翔容疑者(26)=大阪府藤井寺市沢田=ら8人を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 同課は、翔容疑者らが賭博で得た利益が、暴力団など反社会的勢力に流れた可能性もあるとみて調べている。

 他に逮捕されたのは、鉄骨工田中凌(23)=石川県白山市宮永市町=、韓国籍の無職宋尚哉(29)=大阪市生野区巽中=両容疑者客5人

 翔容疑者の逮捕容疑は田中容疑者と共謀し、5月12〜18日に行われた米大リーグとプロ野球の公式戦計44試合の勝敗について、胴元として、客らから計約1850万円の賭けの申し込みを受けた疑い。

 また、このうち34試合に関し、宋容疑者を胴元として、田中容疑者らと計約1900万円の賭けを申し込んだ疑い。

 同課によると、逮捕された8人は知人同士。翔容疑者らは自宅などで、無料通信アプリLINE(ライン)を使って賭博のやりとりをしたり、賭け金の取りまとめをしたりしていた。胴元になった場合は、「寺銭」と呼ばれる手数料として賭け金総額の1割を受け取っていた

 同課は、翔容疑者らが昨シーズンのプロ野球についても賭博をしていたとみている。

時事通信 (2015/10/27-19:36)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015102700581



ダルビッシュ有投手の弟、野球賭博の疑いで逮捕


 プロ野球や米大リーグを対象に賭博をしたとして、大阪府警は27日、大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手の弟人材派遣業のダルビッシュ翔容疑者(26)=大阪府藤井寺市沢田1丁目=ら8人を賭博開帳図利などの疑いで逮捕したと発表した。

 ほかに逮捕されたのは大阪市生野区巽中3丁目の無職、谷川尚哉(29)石川県白山市宮永市町の鉄筋工、田中凌(23)の両容疑者ら20〜32歳の男女。府警は翔、谷川、田中各容疑者の3人が賭博を仕切る胴元役で、あとの5人が客だったとみている。いずれも認否を明らかにしていない。

 捜査4課によると翔容疑者は田中容疑者と共謀し、5月12〜18日のレンジャーズの1試合を含む米大リーグとプロ野球の公式戦計44試合を対象に、客16人から1口1万円で計1854口の申し込みを受けて賭博を開いたほか、谷川容疑者が開いた34試合の賭博に客として参加した疑いがある。

 8人は地元の知人関係。胴元は賭け金の1割の手数料を得ていたという。府警は逮捕した5人以外の客についても捜査している。府警は昨年9月末に情報提供を受けて捜査を開始。少なくとも昨シーズンから賭博を開いていたとみている。

朝日新聞 2015年10月27日20時20分
http://www.asahi.com/articles/ASHBW52WHHBWPTIL019.html


ダルビッシュ投手の弟ら逮捕 野球賭博の疑い

 大リーグや日本のプロ野球を対象に知り合いに金を賭けさせていたなどとして、レンジャーズのダルビッシュ有投手の弟ら8人が逮捕されました。警察は、野球賭博を繰り返していたとみて調べています。

 逮捕されたのは、大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手の弟で、大阪・藤井寺市の自営業、ダルビッシュセファット・ファルボッド翔容疑者(26)韓国籍の無職、宋尚哉容疑者(29)ら8人です。

 警察によりますと、ダルビッシュセファット容疑者らは、ことし5月、大リーグや日本のプロ野球を対象に知り合いに金を賭けさせていたなどとして、賭博開帳図利などの疑いが持たれています。

 客は、スマートフォンの無料通話アプリLINEを利用して申し込み、1口1万円で勝敗を予想していたということです。


 集まった賭け金は、ダルビッシュセファット容疑者の自宅などで保管していたということで、警察は野球賭博を繰り返していたとみて調べています。

 警察は、8人が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。

NHK 10月27日 17時55分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151027/k10010284301000.html
タグ:在日 国籍 韓国
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする