2017年12月07日

韓国人の女が在留資格を取得するため偽装結婚し、男と同居してると嘘の証明書を東京入管に提出

また韓国人の女が日本人の男と偽装結婚。

韓国人の女(43)と日本人の男(65)の2人は、偽装結婚が発覚しないよう、互いの家族をそれぞれの国に招待し、お互いの親族と家族写真を撮るなど偽装工作。

韓国人の女(43)は偽装結婚ブローカーを介して知り合った日本人の男(65)に報酬として、計50万円近くを支払っていた。


昨年の2016年7月、韓国人の女(43)と日本人の男(65)は婚姻届を提出し、偽装結婚。

韓国人の女(43)が婚姻届を提出した時点で、報酬18万円を支払う。

2017年4月、韓国人の女(43)が在留資格を得るため、日本人の男(65)と同居していると嘘の申請を東京入国管理局に提出。

韓国人の女(43)はその後も、月に2万円ずつ日本人の男(65)に報酬として支払っていた。


逮捕されたのは
韓国籍の趙仁仙(チョ・インソン)容疑者(43)。

飲食店従業員、東京都江戸川区、横立好春(よこたて・よしはる)容疑者(65)。

韓国籍の女と日本人の男女2人。


韓国籍の女の職業や住所が書いてなかった。

偽装結婚で約16万円の報酬、月に2万円の支払うことができる韓国人の女の職業は?住所は?なぜか書いてない。

動画によると、韓国籍の女は警視庁麻布署に連行。

韓国籍の女の横顔は、上を向いたとんがった鼻が気になる容姿。

偽装結婚し嘘の証明書提出か 韓国と日本の男女逮捕

 偽装結婚した韓国人の女日本人の男が、在留資格を得るために嘘の証明書を提出したとして逮捕されました。2人は親族と集合写真を撮るなどしていたということです。

 韓国人の趙仁仙(チョ・インソン)容疑者(43)飲食店従業員の横立好春容疑者(65)今年4月、在留資格を得るため、夫婦として同居しているという嘘の証明書を東京入国管理局に提出した疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、趙容疑者は、ブローカーを介して知り合った横立容疑者に報酬として合わせて50万円近くを支払っていました。

 2人は、それぞれの親族と集合写真を撮るなど夫婦であるように見せ掛けていたということです。

 趙容疑者は容疑を否認していて、横立容疑者は容疑を認めています。

テレビ朝日 (2017/12/06 23:30)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000116088.html


偽装結婚で“うその証明書”提出の疑い、韓国人の女ら逮捕

 偽装結婚していた韓国籍の女飲食店従業員の男が在留資格を得るためにうその証明書を提出したとして、警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは韓国籍の趙仁仙容疑者(43)東京・江戸川区の飲食店従業員、横立好春容疑者(65)の2人今年4月、趙容疑者在留資格を得るため実際には偽装結婚で、同居していないにもかかわらず、うその証明書を東京入国管理局に提出した疑いがもたれています。

 趙容疑者は「うそをつくつもりはなかった」と容疑を否認していますが、去年7月に婚姻届を出した時点でおよそ16万円、その後も月に2万円ずつ横立容疑者に報酬として支払っていたということです。2人互いの実家に出向き、親族と一緒に写真を撮るなどの偽装工作をしていたということです。

TBS  12月6日11時38分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3231825.html



偽装結婚の男女逮捕…違法在留資格得た疑い


 偽装結婚し違法に在留資格を得たなどとして、日本人の男韓国人の女が逮捕された。

 警視庁によると、アルバイトの横立好春容疑者と、韓国人の趙仁仙容疑者今年4月、東京入国管理局に対し偽装結婚にもかかわらず、同居しているとウソの申請をして、趙容疑者の在留資格を得るなどした疑いが持たれている。

 2人去年、婚姻届を提出しお互いの親族と写真を撮るなど結婚を偽装していた。

 横立容疑者趙容疑者から報酬として現金16万円ほどを受け取ったという。

日テレNEWS 2017年12月6日 19:01
http://www.news24.jp/articles/2017/12/06/07379792.html


「不正入国」韓国人の女ら逮捕

 偽装結婚が発覚しないよう、ニセの家族写真を撮影するなどして、不正に日本に入国した疑いで、韓国人の女らが警視庁に逮捕された。

 韓国人の趙仁仙(チョ・インソン)容疑者(43)は、2017年4月、横立好春(よこたて・よしはる)容疑者(65)結婚しているように装って、在留資格を申請するなど、不正な手段で日本に入国した疑いが持たれている。

 2人偽装結婚が発覚しないよう、互いの家族をそれぞれの国に招待し、家族写真を撮るなど偽装工作をしていた。


 入管難民法は2016年、結婚の実態がないのに在留資格を申請しただけでも罪に問われるよう改正され、その規定が適用されるのは、今回が初めて。

FNN 12/06 23:21
https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00378553.html
posted by ビオラ at 13:00| Comment(0) | 偽装結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする