2017年11月17日

フィリピン人の女に在留資格を取得させるため日本人と偽装結婚させ、嘘の婚姻届を名古屋の千種区役所に提出

またフィリピン人の女と日本人の男が偽装結婚。

日本人の男と偽装結婚をして在留資格を取得したフィリピン人の22歳の女はフィリピンパブでホステスとして働く。

偽装結婚をして在留資格を取得したフィリピン人の22歳の女が働いていたフィリピンパブの経営者と従業員の女2人は、客引きをしたとして風営法違反の疑いで逮捕。


昨年の2016年7月8日、フィリピン国籍の22歳の女の在留資格を取得するため、日本人の男(64)と共謀して、フィリピン人の女性を妻とする嘘の婚姻届を愛知県名古屋市の千種区役所に提出。

偽装結婚を仲介した男(63)が、フィリピン人の女性を日本に受け入れたり、店に紹介したりするブローカーだった疑い。

仲介した男(63)はフィリピン人の女のパスポートを取り上げ、愛知県名古屋市中区の風俗店で働かせるなどしていた疑いもあるとみて、詳しく調べる。


逮捕されたのは
会社員、愛知県名古屋市東区泉、永津彰則容疑者(63)。

無職、愛知県名古屋市千種区山門町、岡田大容疑者(64)。


永津彰則容疑者(63)は「岡田容疑者に偽装結婚をさせてお互いに儲けようと思った」と供述。


フィリピン人の女の在留資格を取得させるため、日本人と偽装結婚させてフィリピンパブで働かせる事件は多い。

少し前に、偽装結婚をして滋賀県彦根市のフィリピンパブで働いていたフィリピン人の女は虚偽の婚姻届を名古屋市天白区役所に提出。

2017年11月12日ブログ記事、長期の在留資格を得るため、嘘の婚姻届を名古屋市天白区役所に提出した滋賀県彦根市のフィリピン人のホステス。

愛知県名古屋には他にも偽装結婚ブローカーがいるのだろうか。

フィリピン人女性と偽装結婚、容疑で男2人逮捕 ブローカーか

 愛知県警中村署などは16日までに、フィリピン人女性を偽装結婚させたとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、名古屋市東区泉、会社員、永津彰則容疑者(63)と、同市千種区山門町、無職、岡田大容疑者(64)を逮捕した。

 中村署によると、永津容疑者女性を日本に受け入れたり、店に紹介したりするブローカーだった疑いがあり、詳しい経緯を捜査している。

 逮捕容疑は昨年7月8日、岡田容疑者を夫とし女性を妻とするうその婚姻届を千種区役所に提出した疑い。

 女性その後、入国し名古屋市中区のフィリピンパブでホステスとして働いていた。


 また中村署は客引きをしたとして風営法違反の疑いで、女性が働いていたパブのフィリピン人の経営者従業員の女2人を逮捕した。

産経新聞west 2017.11.16 11:17
http://www.sankei.com/west/news/171116/wst1711160036-n1.html


「偽装結婚」ブローカーら2人逮捕

 日本の在留資格を取得させるため、フィリピン国籍の女を偽装結婚させたとして、名古屋市に住むブローカーの男ら2人が、逮捕、送検されました。

 16日送検されたのは、いずれも名古屋市に住む会社員の永津彰則容疑者(63)と、無職の岡田大容疑者(64)です。

 警察によりますと、永津容疑者は、去年7月、フィリピン国籍の22歳の女の在留資格を取得するため、岡田容疑者と共謀してうその婚姻届を、名古屋の千種区役所に提出した疑いがもたれています。

 調べに対し、2人容疑を認めているということで、永津容疑者は、「岡田容疑者に偽装結婚をさせてお互いに儲けようと思った」と話しているということです。

 警察は、永津容疑者が、女のパスポートを取り上げ、名古屋・中区の風俗店で働かせるなどしていた疑いもあるとみて、詳しく調べています。

CBC NEWS (16日18:37)
http://hicbc.com/news/detail.asp?id=00045438
ラベル:フィリピン 国籍
posted by ビオラ at 14:00| Comment(0) | 偽装結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする