2017年12月08日

偽造された在留カードや運転免許証を群馬県太田市内の人材派遣会社に提示したベトナム人の男2人

またベトナム人が不法滞在。

在留期限が切れたベトナム人の男2人が、群馬県太田市内の人材派遣会社の採用面接で、偽造された在留カードや運転免許証を提示。

在留カードの不審点に気づいた人材派遣会社の担当者が110番通報をして発覚。

正規の在留カードは左右に傾けると「MOJ」の文字の周囲の絵柄がピンクからグリーンに変わるが、偽造の在留カードは変わらないなど、ホログラムの色の変化で見分けられる。


群馬県内では、「定住者」の在留資格があるように偽造された「在留カード」を持っていたなどとして、外国人の検挙が県内で増加。

群馬県営本部によると、偽造された在留カードを持っていたなどとして、検挙された外国人はことしこれまでに8人。

5年前に在留カードの制度が始まってから、偽造された在留カードを持っていたのは計27人。中国人のほか、ベトナム人やブラジル人など国籍も多様化。

群馬県警察本部外事課は「偽造在留カードについて知ってもらい、少しでもおかしいと思ったら警察に通報してほしい」と話す。



2017年11月14日の午前、群馬県太田市内の人材派遣会社事務所で採用面接を受ける際、、偽造された在留カードや運転免許証を提示したベトナム人の男2人。

ベトナム人の男2人の在留期間は去年までだった。


逮捕されたのは
ベトナム国籍で無職、栃木県足利市南大町、ダン・バ・チュン容疑者(33)。

ベトナム国籍で無職、群馬県大泉町、ホアン・コン・ヴィン容疑者(33)。

ベトナム国籍の男2人。


ベトナム国籍の男2人は「オーバーステイだと雇ってもらえないので、偽造の在留カードを使った」などと容疑を認める。


ベトナム国籍のダン・バ・チュン容疑者(33)はSNS(会員制交流サイト)を通じて自称中国人に依頼し、3万円で偽造在留カードを購入。

ベトナム国籍のホアン・コン・ヴィン容疑者(33)は知人のベトナム人に依頼し、顔写真などを送って、偽造された在留カードと運転免許証を6万円で購入。

中国人を中心に流通していた偽造在留カードが、口コミやSNSを通じて広まっているとみて捜査。


群馬県は在日外国人の犯罪が複数あるけど、在留期限がない不法滞在の外国人の犯罪も複数。

就労制限がない「定住者」の在留資格で偽造在留カードの作製を依頼し、偽造在留カードを所持して働く。

中国人がよくやってた犯罪を他の外国人がやってる。

群馬県は外国人犯罪が多いな。

偽造在留カードを派遣会社に提示 容疑で2人再逮捕 群馬

 県警外事課などは5日、入管難民法違反(偽造在留カード行使)などの疑いで、いずれもベトナム国籍で無職のダン・バ・チュン(33)=栃木県足利市南大町=ホアン・コン・ヴィン(33)=大泉町=の両容疑者を再逮捕した。容疑を認め「オーバーステイを隠すため」と供述している。逮捕容疑は11月14日午前、太田市内の人材派遣会社事務所で採用面接を受ける際、担当者に対し、偽造された在留カードや運転免許証を提示したとしている。

 在留カードの不審点に気づいた担当者が110番通報をして発覚。同日、2人は同法違反(不法残留)の疑いで逮捕されていた。

 チュン容疑者は、会員制交流サイト(SNS)を通じて自称中国人に依頼し、3万円で在留カードを購入。ヴィン容疑者知人のベトナム人に依頼し、顔写真などを送って在留カードと免許証を6万円で購入したと話しているという。

産経新聞 2017.12.6 07:09
http://www.sankei.com/region/news/171206/rgn1712060036-n1.html


偽造「在留カード」の犯罪が増加

 定住者の資格があるように偽造された「在留カード」を持っていたなどとして、外国人の検挙が県内で増加していて、警察は中国で偽造されたカードがSNSなどを通じて広まっているとみて捜査しています。

 県警察本部によりますと、偽造された在留カードを持っていたなどとして検挙された外国人はことしこれまでに8人で、5年前に在留カードの制度が始まってからあわせて27人にのぼり、中国人のほか、ベトナム人ブラジル人など国籍も多様化しています。

 このうち、5日逮捕されたベトナム人2人は、先月、太田市の人材派遣会社の採用面接を受けた際に、偽造された在留カードを示したとして、出入国管理法違反などの疑いがもたれています。

 警察によりますと、正規の在留カードは、左右に傾けると「MOJ」の文字の周囲の絵柄がピンクからグリーンに変わりますが、偽造カードは変わらないなど、ホログラムの色の変化で見分けられるということです。

 警察の調べに対しベトナム人の1人は、「SNSで知り合ったベトナム人を介して、中国人と名乗る人物に依頼し3万円で手に入れた」と供述しているということで、警察は中国人を中心に流通していた偽造カードが口コミやSNSを通じて広まっているとみて捜査しています。

 県警察本部外事課の笹澤裕幸課長は「偽造在留カードについて知ってもらい、少しでもおかしいと思ったら警察に通報してほしい」と話していました。

NHK群馬 NEWS WEB 12月06日 09時31分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20171206/1060000662.html


偽造在留カード使用した疑い、ベトナム人2人逮捕

 ベトナム人の男2人が偽造された在留カードを使ったとして逮捕されました。2人は偽造カードをインターネットを通じて購入したとみられています。

 入管難民法違反の疑いで逮捕されたのは、ベトナム国籍のダン・バ・チュン容疑者(33)ら2人で、先月14日、群馬県太田市で人材派遣会社の採用面接を受けた際、偽造された在留カードを使ったなどの疑いが持たれています。

 警察によりますと、2人在留期間は去年までだったということで、取り調べに対して「オーバーステイだと雇ってもらえないので、偽造のカードを使った」などと容疑を認めているということです。2人偽造された在留カードについて「ネットを通じて3万円で購入した」などと供述しているということで、警察は入手先などを詳しく調べています。

TBS  12月5日20時37分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3231528.html
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | 在留資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする