2017年06月18日

中国で購入したルイ・ヴィトンのスマホカバーなどの偽ブランド品をネットオークションで販売していた夫婦

中国に渡航して、仕入れた偽物の「ルイ・ヴィトン」のスマホケースをインターネッオークションで販売していた徳島県の男(48)と中国人の女(27)の夫婦。


昨年の2016年に、5回ほど中国へ渡航。

昨年の2016年9月頃から、中国で購入した携帯ケースや財布、衣類などの偽ブランド品を500個ほど仕入れ、偽ブランド品をインターネットオークションで販売。

自宅からは、200点以上の偽ブランド品が押収。

これまでに200個以上を販売し、150万円ほどを売り上げていたとみて調べる。


2017年6月14日、販売目的で、自宅に「ルイ・ヴィトン」のロゴを使った偽物の携帯電話ケース89点を所持した徳島県の男(48)と中国人の女(27)の夫婦を現行犯逮捕。


逮捕されたのは
会社員、徳島県石井町、柏木健司容疑者(48)。

中国籍の妻、柏木静雅容疑者(27)。

会社員の男(48)と中国籍の女(27)の夫婦。


夫婦2人は「小遣い稼ぎのためだった」、「これまでに200点以上売った」と容疑を認める。


徳島県の会社員の男(48)と中国籍の女(27)は歳が離れた夫婦。

FNNのニュースでは、会社員の男(48)が個人的に中国を旅行した時に、偽ブランド品を購入したことになっている。

こういうのを見てるから、ネットオークションは怪しいと思ってしまう。

「ルイヴィトン」のニセ物販売か、夫婦逮捕

 高級人気ブランド「ルイヴィトン」のニセ物の携帯ケースなどを仕入れ、販売を繰り返していたとみられる夫婦が逮捕された。

 商標法違反の疑いで逮捕されたのは、徳島県の会社員・柏木健司容疑者(48)と、妻で中国人の柏木静雅容疑者(27)。警視庁によると、2人14日、自宅に「ルイヴィトン」のロゴを使ったニセの携帯ケース89点を販売目的で所持していた疑いがもたれている。

 2人は、去年から5回ほど中国へ行き、携帯ケースや財布、衣類などの偽ブランド品を500個ほど仕入れ、インターネットオークションで販売していたという。


 調べに対し、2人は「小遣い稼ぎのためだった」と容疑を認めていて、警視庁は、これまでに200個以上を販売し、150万円ほどを売り上げていたとみて調べている。

日テレNEWS 2017年6月15日 13:21
http://www.news24.jp/articles/2017/06/15/07364322.html


偽ヴィトンのスマホカバーで逮捕


 偽物のルイ・ヴィトンのスマートフォンカバーを、販売目的で持っていた夫婦が、警視庁に現行犯逮捕された。

 徳島・石井町の会社員・柏木健司容疑者(48)と、妻で中国籍の柏木静雅容疑者(27)は、偽物のルイ・ヴィトンのスマートフォンカバー89点を、販売目的で所持していたところを警視庁に現行犯逮捕された。

 2人「小遣い稼ぎのために売った。これまでに200点以上販売して、150万円くらいの売り上げがあった」と容疑を認めている。


 自宅からは、200点以上の偽ブランド品が押収されていて、警視庁は、健司容疑者個人的に中国に渡航した際に購入していたとみて調べている。

FNNニュース 06/15 18:07
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00361383.html


販売目的で偽ブランド300点以上を所持の疑い、夫婦を逮捕

 偽のルイ・ヴィトンの携帯電話ケースなど、偽ブランド品300点以上を販売目的で所持していたとみられる夫婦が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは徳島県に住む会社員・柏木健司容疑者(48)妻で中国籍の静雅容疑者(27)で、偽のルイ・ヴィトンの携帯電話ケース89点を販売目的で所持していた疑いが持たれています。

 柏木容疑者らは去年9月ごろから、中国で購入した偽ブランド品をインターネットオークションで販売していて、自宅からは300点以上の偽ブランド品が押収されたということです。

 柏木容疑者は「これまでに200点以上売った」と容疑を認めているということで、警視庁が裏づけを進めています。

TBS 6月15日10時53分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3079556.html
タグ:中国 国籍
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする