2018年01月15日

茨城県常総市の用水路で赤ん坊の遺体が見つかった事件で、近くに住むカンボジア国籍の男女2人を逮捕

今年の2018年1月6日に、茨城県常総市古間木沼新田の用水路で、へその緒がついた赤ん坊の遺体が見つかった事件。

近くのアパートで同居するカンボジア国籍の派遣社員の男女2人を死体遺棄の疑いで逮捕。

カンボジア国籍の男女2人は交際中で、死亡した赤ん坊の両親とみられる。


今年の2018年1月2日、勤務する金属加工会社近くの茨城県常総市古間木沼新田の用水路に、赤ん坊の遺体を遺棄。

2018年1月6日、茨城県常総市古間木沼新田の用水路で、へその緒がついたまま沈んだ状態で赤ん坊は発見。

司法解剖の結果、赤ん坊は女の子とみられ、見つかった時は妊娠5カ月から6カ月くらいで、へその緒がついた状態で死産だった可能性。

死亡してから、1週間から2週間が経過していたとみられる。

現場付近の聞き込み捜査で、近くの工場に勤めるベトナム国籍の男女2人が浮上。

ベトナム国籍の男女2人は交際し、近くで同居していた。


逮捕されたのは
カンボジア国籍の派遣社員、茨城県常総市大生郷町、父親のチェム・ソコン容疑者(34)。

カンボジア国籍の派遣社員、茨城県常総市大生郷町で同居、母親のヨウン・チャンムネン容疑者(34)。

カンボジア国籍の男女2人。


カンボジア国籍の男女2人は「2人で相談して赤ちゃんを捨てた」などと容疑を認める。


近くで同居してたり、お腹が大きかったのが小さくなったりしたら、職場の人だって気がつくよ。

同居してるけど結婚してないから、職場近くに遺棄したのだろうか。

赤ん坊遺棄疑いでカンボジア国籍の男女逮捕 茨城県警

 赤ん坊の遺体を用水路に遺棄したとして、茨城県警常総署は12日、死体遺棄の疑いで、いずれもカンボジア国籍の派遣社員で同県常総市大生郷町のチェム・ソコン容疑者(34)と、同居のヨウン・チャンムネン容疑者(34)の男女2人を逮捕した。

 逮捕容疑は2日ごろ、常総市古間木沼新田の用水路に赤ん坊を遺棄した疑い。2人は「相談してやった」と容疑を認めており、署が動機などを調べている。

 赤ん坊は6日、用水路で発見。身長約29センチ、体重約390グラムで、司法解剖の結果、死産の可能性が高いという。現場付近の聞き込み捜査で、近くの工場に勤める2人が浮上した。

産経新聞 2018.1.12 10:58
http://www.sankei.com/affairs/news/180112/afr1801120022-n1.html


用水路に赤ちゃん遺棄か男女逮捕

 今月6日、茨城県常総市の用水路で赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警察はカンボジア人の男女2人を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

 逮捕されたのは常総市大生郷町に住むカンボジア国籍の派遣社員、チェム・ソコン容疑者(34)と、ヨウン・チャンムネン容疑者(34)です。

 警察によりますと2人は、今月2日ごろ、常総市古間木沼新田の用水路に赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いが持たれています。

 警察のこれまでの調べで赤ちゃんは女の子とみられ、見つかった時は、へその緒がついた状態で死産だった可能性が高く、死亡してから1週間から2週間が経過していたと見られるということです。

 2人は死亡した赤ちゃんの両親と見られ、調べに対して「2人で相談して捨てようと決めた」などと容疑を認めているということです。

 警察は動機や遺棄した詳しい状況などを調べています。

NHK首都圏 NEWS WEB 01月12日 11時26分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20180112/1000006098.html


茨城・赤ちゃん遺棄 カンボジア人男女逮捕

 茨城県常総市の用水路で、へその緒がついたままの赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、12日未明、警察はカンボジア人の男女2人を逮捕した。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、茨城県常総市に住むチェム・ソコン容疑者(34)ヨウン・チャンムネン容疑者(34)。

 警察によると、2人今月2日、勤務する金属加工会社近くの用水路に赤ちゃんの死体を遺棄した疑いがもたれている。

 調べに対し、2人は容疑を認めた上で「2人で相談して赤ちゃんを捨てた」などと供述しているという。

 警察は、赤ちゃんを遺棄した経緯などについて詳しく調べている。

日テレNEWS 2018年1月12日 11:27
http://www.news24.jp/articles/2018/01/12/07382742.html


用水路にえい児の遺体を遺棄した疑い、カンボジア人の男女逮捕

 茨城県常総市にある用水路で今月6日、へその緒が付いた赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警察はカンボジア人の男女を逮捕しました。

 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、常総市大生郷町に住むいずれも派遣社員のチェム・ソコン容疑者(34)ヨウン・チャンムネン容疑者(34)です。2人今月2日ごろ、常総市古間木沼新田にある用水路に、赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いが持たれています。

 赤ちゃんは、今月6日に用水路でへその緒が付いたまま沈んだ状態で見つかっていて、警察によりますと、現場付近での聞き込みの中で、近くの工場で働く2人が浮上したということです。

 2人は交際し同棲中で、取り調べに対し「2人で相談してやりました」と容疑を認めているということです。

TBS  12日6時44分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3261604.html

用水路に赤ちゃんの遺体 カンボジア人の男女を逮捕

 茨城県常総市の用水路で赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、近くに住むカンボジア人の男女が死体遺棄の疑いで逮捕されました。

 カンボジア人で常総市の派遣社員、チェム・ソコン容疑者(34)ヨウン・チャンムネン容疑者(34)2日、常総市の用水路に赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いが持たれています。

 警察によりますと、司法解剖の結果、遺体で見つかったのは妊娠5カ月から6カ月くらいの女の赤ちゃんとみられ、死産だった可能性があるということです。

 周辺の聞き込み捜査で2人が浮上したということで、取り調べに対して「2人で相談しながら遺棄しました」などと容疑を認めてます。

 警察は、赤ちゃんが死亡した原因について引き続き調べるとともに、2人から出産の経緯について事情を聴いています。

テレビ朝日 (2018/01/12 12:22)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000118516.html
ラベル:カンボジア 国籍
posted by ビオラ at 09:00| Comment(0) | 外国人犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする