2017年06月20日

危険ドラッグ「ラッシュ」を密輸したロールス・ロイス社員のマレーシア国籍の男

また薬物の事件が続く。

危険ドラッグ『ラッシュ』が入った小瓶10本をスロベニアから、密輸したマレーシア国籍でロールス・ロイスジャパン社員の男(40)。

マレーシア国籍でロールス・ロイスジャパン社員の男(40)は、覚醒剤を使用したとして逮捕されたドイツ国籍でフォルクスワーゲン(VW)グループジャパン(愛知県豊橋市)の常務執行役員(53)と同居していた。


昨年の2016年1月、スロベニアから、指定薬物「亜硝酸イソブチル」を含む危険ドラッグ『ラッシュ』と呼ばれる液体の入った瓶計10本(約65グラム)を国際郵便で輸入したマレーシア国籍でロールス・ロイスジャパン社員の男(40)。

危険ドラッグ『ラッシュ』はインターネット上で購入したと言う。


昨年の2016年1月、横浜税関が川崎外郵出張所(川崎市)の郵便検査で、スロベニアから送られた荷物を調べたところ、危険ドラッグが見つかった。


2017年6月6日、自宅の家宅捜索で、ドイツ国籍のフォルクスワーゲン(VW)ジャパン常務執行役員(53)のものとみられるカバンから、小袋に入った白色の粉末、室内から液体が入った小瓶11本、錠剤10錠が見つかった。

2017年6月7日、マレーシア国籍でロールス・ロイスジャパン社員の男(40)を逮捕。


逮捕されたのは
マレーシア国籍のロールス・ロイスジャパン社員、東京都港区赤坂、コン・フー・キヨン容疑者(40)。


マレーシア国籍のコン・フー・キヨン容疑者(40)は「ラッシュは日本では合法だと思った」と容疑を否認。「インターネットで薬物を注文した。違法とは知らなかった」と供述。


マレーシア国籍のロールス・ロイス社員とドイツ国籍のフォルクスワーゲン(VW)ジャパン常務執行役員が東京都港区赤坂で同居しているのか。

薬物はカップルで使用することがあると言うけど、どうなのだろう。


ロールス・ロイス社員、危険ドラッグ輸入の疑い


 危険ドラッグ「ラッシュ」を輸入したとして、神奈川県警金沢署が、マレーシア国籍でロールス・ロイスジャパン社員のコン・フー・キヨン容疑者(40)=東京都港区=を、医薬品医療機器法違反(指定薬物の輸入)と関税法違反(禁制品の輸入未遂)の疑いで逮捕していたことが、署への取材でわかった。「ラッシュは日本では合法だと思った」と容疑を否認しているという。

 署によると逮捕は7日。同容疑者は昨年1月、指定薬物「亜硝酸イソブチル」を含むラッシュと呼ばれる液体の入った瓶計10本(約65グラム)を、スロベニアから輸入した疑いがある。ラッシュはインターネット上で購入したという。

 14日に、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで署に逮捕された、フォルクスワーゲンジャパン常務執行役員のトーマス・ジーベルト容疑者(53)と同居していたという。

 6日の自宅の家宅捜索では、ジーベルト容疑者のものとみられるかばんから小袋に入った白色の粉末、室内から液体が入った小瓶11本、錠剤10錠が見つかったといい、署が鑑定を進めている。

朝日新聞 2017年6月16日14時12分
http://www.asahi.com/articles/ASK6J42VPK6JULOB00N.html


ロールス・ロイス社員逮捕 危険ドラッグ密輸容疑

 危険ドラッグを密輸したとして、神奈川県警金沢署が医薬品医療機器法違反(輸入)などの疑いで、東京都港区、ロールス・ロイスジャパン社員のコン・フー・キヨン容疑者(40)=マレーシア国籍=を逮捕していたことが16日、分かった。

 捜査関係者によると、同容疑者覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたフォルクスワーゲン(VW)グループジャパン(愛知県豊橋市)の常務執行役員、トーマス・ジーベルト容疑者(53)と同居していたといい、県警は詳しい経緯を調べる。

 逮捕容疑は昨年1月、国際郵便で「ラッシュ」と呼ばれる危険ドラッグの入った小瓶10本を輸入した疑い。

東京新聞 2017年6月16日 13時20分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017061601001417.html


ロールス・ロイス社員逮捕 危険ドラッグ密輸容疑

 危険ドラッグを密輸したとして、神奈川県警金沢署が医薬品医療機器法違反(輸入)などの疑いで、東京都港区赤坂、ロールス・ロイスジャパン社員のコン・フー・キヨン容疑者(40)=マレーシア国籍=を逮捕していたことが16日、分かった。

 捜査関係者によると、同容疑者覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたフォルクスワーゲン(VW)グループジャパン(愛知県豊橋市)の常務執行役員、トーマス・ジーベルト容疑者(53)と同居していたといい、県警は詳しい経緯を調べる。

 逮捕容疑は昨年1月、国際郵便で「ラッシュ」と呼ばれる危険ドラッグの入った小瓶10本を輸入した疑い。調べに対し「インターネットで薬物を注文した。違法とは知らなかった」と供述している。横浜税関が昨年1月、川崎外郵出張所(川崎市)の郵便検査でスロベニアから送られた荷物を調べたところ、危険ドラッグが見つかったという。

サンスポ 2017.6.16 13:19
http://www.sanspo.com/geino/news/20170616/tro17061613080006-n1.html
posted by ビオラ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする